初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペトルッチ:「後悔はしない」

ペトルッチ:「後悔はしない」

一躍時の人となって、ホームのミサノに乗り込むと、投入されたGP14.2でドゥカティ勢の最高位に進出。

オクト・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、ドゥカティから投入されたデスモセディチGP14.2を走らせた第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、9番グリッドから6位。自己最高位を獲得した前戦イギリスGPに続いて、ドゥカティ勢の最高位に進出した。

シルバーストンでの2位で一躍時の人となり、7月の第9戦ドイツGP後にチームメイトのデスモセディチGP14.2を初めて走らせたミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリに乗り込むと、フリー走行1から13番手、7番手、10番手、12番手。

ウォームアップ走行で19番手だった後、3列目から迎えた決勝レースでは、1ラップ目に14番手に後退したが、9番手まで挽回した7ラップ目に1度目のマシン交換。9ラップ目に4番手、18ラップ目に3番手に浮上し、19ラップ目に2度目のマシン交換。8番手に後退したが、ダニ・ペドロサがマシン交換、ホルヘ・ロレンソが転倒で、ポジションを2つ上げた。

「グレートなリザルトだ。すごく嬉しい。チームは難しい2日間の後に素晴らしい仕事をしてくれた。もっと上手くやることができたかって?確かに。常に上手くやることができる。数ラップ前にバイクを交換することができたけど、あの瞬間、トップに立ったとしても、決断を下すのは難しかったから、後悔はしない。この6位と連続の好結果はチーム全員の仕事のおかげ。一緒に喜びたい」と、レースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, Danilo Petrucci, Octo Pramac Racing, #SanMarinoGP

Other updates you may be interested in ›