初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

Moto3™クラスのオフィシャルテスト

Moto3™クラスのオフィシャルテスト

ミサノに延滞したヤングライダーたちがミサノに延滞し、残り6戦に向けて、合計3時間30分のテストを実行。

Moto3™クラスのオフィシャルテストは14日、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPが開催されたミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで行われ、26名のレギュラーライダーたちが参加。決勝レースで使用したセッティングを見直し、残り5戦に向けて準備を進めた。

前日の雨の影響を受けた路面と強風により、理想的なコンディションに恵まれなかったが、ポイントリーダーのダニー・ケントは、操縦性を向上させる目的で、ジオメトリーのオプションを検証。ニッコロ・アントネッリやアレックス・マスボーら他のホンダ勢は、ジオメトリーとサスペンションなどを調整。

地元で初優勝を飾ったエネア・バスティアニーニは、公式予選で仙骨を骨折したチームメイトのアンドレア・ロカテッリがテストを見送ったことから、2台を使用して、異なるセットアップを比較検証。

2位と5位に進出したミゲール・オリベイラとブラッド・ビンダーをはじめ、KTMとハスクバーナ勢は、投入された改良型シャーシのテストを実行。4位だったロマーノ・フェナティは、来年型のマシンをシェイクダウン。

マヒンドラ勢は、テストライダーのステファノ・マンジを召集。新型のクラッチとギアボックスが投入され、フランセシコ・バグナイアは新型マフラー、ホルヘ・マルティンは新型フロントフォークもテスト。

フリー走行2で右足首を骨折したファビオ・クラルタラロは、バルセロナ市内の大学病院で手術を受け、フリー走行1で頭部を強打して非常に小さな出血が確認されたことから医師団の勧めで欠場したホルヘ・ナバーロは、早期回復に向けて自宅で数日間の静養を取ることになった。

Tags:
Moto3, 2015, GRAN PREMIO TIM DI SAN MARINO E DELLA RIVIERA DI RIMINI, #MisanoTest

Other updates you may be interested in ›

Ducati Team
ピロ:「チームに感謝」

2 years ago

ピロ:「チームに感謝」