初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行1:ロレンソが今季4度目の1番手発進

フリー走行1:ロレンソが今季4度目の1番手発進

前戦の転倒リタイアを一掃するように、ロレンソが1番時計。マルケス、ロッシ、マルケス、レディングがトップ5。

第14戦アラゴンGPのフリー走行1は25日、モーターランド・アラゴンで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが今季22度目のトップタイムをマーク。第4戦スペインGP、第10戦インディアナポリスGP、第11戦チェコGPに続き、今季4度目の1番手発進を決めた。

前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで今季初の転倒リタイアを喫したロレンソだったが、1分49秒台を3回、1分48秒台を5回記録。サーキットレコードラップ(1分48秒565)を上回る1分48秒249の1番時計を刻めば、ランク2位のマルク・マルケスは、1分49秒台を5回、1分48秒台を5回記録して、0.490秒差の2番手。

ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは、1分49秒台を6回、1分48秒台を2回記録して、0.575秒差の3番手。ダニ・ペドロサ、スコット・レディング、アンドレア・ドビツィオーソ、ブラドリー・スミス、ポル・エスパルガロ、カル・クラッチロー、アンドレア・イアンノーネがトップ10入りした。

フリー走行1

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO MOVISTAR DE ARAGÓN, FP1, Valentino Rossi, Marc Marquez, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #AragonGP

Other updates you may be interested in ›