初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ:「いつもと違う感じ」

ロレンソ:「いつもと違う感じ」

過去と比較し、戦闘力のあるパフォーマンスにエンジニアたちの仕事を称賛。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、第14戦アラゴンGPの初日に、第4戦スペインGP、第10戦インディアナポリスGPに続き今季2度目となる連続の1番時計を記録。後半戦の開幕から5戦連続6度目の初日総合1番手に進出した。

前戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで今季初めて転倒リタイアを喫したが、昨年優勝を挙げ、2度のプライベートテストを実施したモーターランド・アラゴンに戻って来ると、フリー走行1で今季22度目の1番時計。フリー走行2は、3度のコースインで15ラップを周回すると、1分48秒台を7回、1分47秒台を最多の2回記録。サーキットレコードラップ(1分48秒565)を上回る1分47秒517を刻んだ。

「ここでのいつも感じと今日の感じに大きな違いがあり、エンジニアたちのおかげで、バイクのパフォーマンスが良くなったから、困難なトラックにも関わらず、僕たちは戦闘力がある。ライバルたちは休まない。明日は強力になり、速いポールポジション争いとなるだろう。ペースをさたに良くするために、幾つかのセッティングを改良する必要がある」と、好発進した初日を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO MOVISTAR DE ARAGÓN, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #AragonGP

Other updates you may be interested in ›