初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

レパード・レーシング、クアルタラロと2年契約

レパード・レーシング、クアルタラロと2年契約

来季の就任先に注目が高まっていたクアルタラロが、契約満期後、レパード・レーシングに移籍することが決定。

レパード・レーシングは26日、新人勢の最高位となるランク8位に進出するファビオ・クアルタラロとの間で、2016年から2年間の契約に関して合意したことを発表した。

2年間所属したエストレージャ・ガルシア・0,0から新天地に移籍することを決断した16歳のフランス人ライダーは、「レパード・レーシングに加入することを大変名誉に思う。2013年にFIM・CEVを制したとき一緒だったクリスチャン・ランドバーグ(テクニカルディレクター)ともう一度働けることにワクワクする。将来に向けてプロジェクトを確立しようとするヤングチームに2年間所属する。ここまで僕を支援してくれた全ての人たちと僕を信頼してくれたレパード・レーシングに感謝したい」と、抱負を語った。

チーム代表のミオドラグ・コトゥールは、「ファビオ・クアルタラロのようなヤングタレントライダーと同意したことは、我々のヤングプロジェクトにおいて誇りに思います。彼は並はずれた才能の持ち主で、トラックでは正真正銘のファイターです。若干16歳ですが、このスポーツに専従し、その巨大なポテンシャルを発揮していることから、我々のラインナップに迎え入れることは喜びです。我々は彼の生まれながらのスピーディなタレントにより、2016年シーズンを直ぐに始め、高い競争力で闘えることを確信します」と、起用の理由を説明。

同チームは、Moto3™クラスに参戦するミゲール・オリベイラを起用してMoto2™クラスに初参戦。Moto3™ジュニア世界選手権に起用するジョアン・ミルを昇格されることを発表していた。

Tags:
Moto3, 2015, Fabio Quartararo, Leopard Racing

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
OnBoard lap of Aragon with Viñales

2 years ago

OnBoard lap of Aragon with Viñales