初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ドビツィオーソ:「嬉しいけど、嬉しくない」

ドビツィオーソ:「嬉しいけど、嬉しくない」

キャリア2度目となった公式予選2不参加から、トップ5まで巻き返したが、嬉しさ半分で14戦目を終了。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第14戦アラゴンGPの決勝レースで、13番グリッドから7人を抜き、1人が転倒して5位に進出。ランク5位に対して、4ポイント差に接近したが、ランク4位とのギャップが33ポイント差に広がり、ランク7位とのアドバンテージが10ポイント差に詰め寄られた。

「嬉しいけど、嬉しくない。レースペースから可能な限りのベストリザルトを持ち帰ることができると考えたけど、嬉しくない。バイクを改良するために働く必要がある。思うように走れないし、ブレーキングができない。結果が示すように望むように速く走れていない。13番グリッドからのスタートを考えれば、5位のフィニッシュはグッドなリザルトだ」と、複雑な表情でレースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO MOVISTAR DE ARAGÓN, Andrea Dovizioso, Ducati Team, #AragonGP

Other updates you may be interested in ›