初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ロレンソが今季6勝目で14ポイント差に接近

決勝レース:ロレンソが今季6勝目で14ポイント差に接近

総合2位のロレンソが地元優勝。総合1位のロッシが表彰台を獲得すれば、総合3位のマルケスが転倒リタイア。

第14戦アラゴンGPの決勝レースは27日、モーターランド・アラゴンで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが今季6勝目、最高峰クラスで39勝目、当地で2年連続の優勝、キャリア通算60勝目を挙げ、ポイントリーダーとのギャップを23ポイント差から14ポイント差に詰めた。

気温23度、路面温度39度のドライコンディションの中、2番グリッドのロレンソは、ホールショットを決めると、週末のプラクティスで掴んだペースを刻んで単独走行。

5番グリッドのダニ・ペドロサは、6番グリッドのバレンティーノ・ロッシとの2位争いを展開。終盤に数度のオーバーテイクを繰り返して、0.090秒差で競り勝ち、優勝者から2.683秒差の2位を獲得。今季3度目の表彰台を獲得すれば、ロッシは、3位に入って13度目の表彰台を獲得。

3番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、単独走行で7.858秒差の4位。

13番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは5位まで巻き返し、7番グリッドのアレイシ・エスパルガロ、8番グリッドのカル・クラッチロー、10番グリッドのブラドリー・スミス、4番グリッドのポル・エスパルガロ、11番グリッドのヨニー・エルナンデェスがトップ10入り。

最高峰クラスで100戦目を迎えた21番グリッドのアルバロ・バウティスタは、13位に入って4戦連続10度目のポイント圏内に進出。

15番グリッドのユージン・ラバティは、初めてオープンオプションの最高位となる14位に進出。

ウォームアップ走行で週末3度目、今季37度目の1番時計を刻んだポールポジションのマルク・マルケスは、2番手走行中の2ラップ目に週末2度目、今季12度目の転倒で、今季5度目の転倒リタイア。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのロッシに対して、ランク2位のロレンソが14ポイント差に詰め、ランク3位のマルケスは、ポイントギャップが79ポイント差に拡大。

次戦日本GPは、ツインリンクもてぎで10月9日に開幕、11日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ワールドスターティング
ライダーズパフォーマンス

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO MOVISTAR DE ARAGÓN, RAC, Jorge Lorenzo, Dani Pedrosa, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #AragonGP

Other updates you may be interested in ›