初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ザルコのタイトル獲得可能性

ザルコのタイトル獲得可能性

優勝なら、ラバットの成績に関係なく、タイトル争いに終止符。

アジョ・モータースポーツのヨハン・ザルコは、前戦アラゴンGPで6位。13戦連続の表彰台獲得を逃したが、10ポイントを加算して、合計284ポイントに到達。残り4戦、100ポイントのタイトル争いにおいて、総合2位のティト・ラバット(206ポイント)に78ポイント差のアドバンテージを持って、昨年4位、2011年にキャリア初優勝を挙げた第15戦日本GPで、タイトル獲得に挑戦する。

タイトルを獲得する条件~75ポイント差以上
・ ザルコが優勝(309ポイント)
・ ザルコが2位(304ポイント)、3位(300ポイント)で、ラバットがザルコの前でゴールしなかった場合
・ ザルコが4位(297ポイント)で、ラバットが2位(226ポイント)以上に進出しなかった場合
・ ザルコが5位(295ポイント)、または6位(294ポイント)で、ラバットが4位(219ポイント)以下の場合
・ ザルコが7位(293ポイント)、または8位(292ポイント)で、ラバットが5位(215ポイント)以下の場合
・ ザルコが9位(291ポイント)で、ラバットが6位(216ポイント)以下の場合
・ ザルコが10位(290ポイント)で、ラバットが7位(215ポイント)以下の場合
・ ザルコが11位(289ポイント)で、ラバットが8位(214ポイント)以下の場合
・ ザルコが12位(288ポイント)で、ラバットが9位(213ポイント)以下の場合
・ ザルコが13位(287ポイント)で、ラバットが10位(212ポイント)以下の場合
・ ザルコが14位(286ポイント)で、ラバットが11位(211ポイント)以下の場合
・ ザルコが15位(285ポイント)で、ラバットが12位(210ポイント)以下の場合
・ ザルコが0ポイント(284ポイント)で、ラバットが13位(209ポイント)以下の場合

Tags:
Moto2, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Johann Zarco, Ajo Motorsport, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›