初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP™クラスプレビュー

MotoGP™クラスプレビュー

ロッシ対ロレンソのタイトル争い。ポイント差は14。3連戦の緒戦となり、優勝経験がある日本・もてぎに乗り込む。

第15戦日本GPは、ツインリンクもてぎで今週9日に開幕、11日に決勝レースが行われ、前戦アラゴンGPで今季13度目の表彰台を獲得したバレンティーノ・ロッシがポイントリーダーとして、タイトル争いのライバル、ランク2位のホルヘ・ロレンソをはじめ、優勝表彰台を争うライバルたちの挑戦を受ける。

日本にモータースポーツの感動をもたらす目的で建設された当地は、1999年に初めてグランプリを開催。今年で17回目の開催を迎え、週末は晴れ時々曇り、曇り時々晴れが予報され、降水確率は10%から20%と低く、現時点で雨の心配はなさそう。

安定したパフォーマンスで総合1位を堅守するロッシは、2001年と2008年に優勝、昨年は4年ぶり9度目の表彰台となる3位に進出した当地で、ポイントアドバンテージの維持、拡大を目指す。

前戦で今季6勝目を挙げたロレンソは、2009年、2013年と2014年に優勝、5度の表彰台を獲得した得意とするトラックで、毎年表彰台を獲得するフィリップアイラン・サーキット、セパン・インターナショナル・サーキットを前にポイントギャップを1桁台に接近させたいところ。

前戦で今季5度目の転倒リタイアを喫したランク3位のマルク・マルケスは、29日トレーニング中に左手を骨折。昨年2年連続の2位を獲得し、史上最年少となる2連覇を達成したホンダのホームトラックに向け、リハビリを開始すれば、ランク7位のダニ・ペドロサは、前戦2位の勢いに乗って、2011年と2012年に優勝したトラックに乗り込む。

ランク4位のアンドレア・アインアノーネは、前戦後のタイヤテストを右肩の状態を考慮して欠場。治療とリハビリを続け、ランク6位のアンドレア・ドビツィオーソは、4ポイント差に接近したランク5位の奪回に挑戦。

スズキのマーベリック・ビニャーレスとアレイシ・エスパルガロ、アプリリアのアルバロ・バウティスタとステファン・ブラドルは、チャンピオンシップに復帰して初めて日本のファンの前に登場。上位陣への接近、ポイント圏内の進出を目指す。

サテライト勢の注目は、ランク5位に進出するブラドリー・スミスを筆頭に、カル・クラッチロー、ポル・エスパルガロ、ダニロ・ペトルッチらがファクトリー勢に挑戦。

オープンオプションでは、ランク15位のロリス・バスが当地初挑戦。ランク17位のエクトル・バルベラが最高峰クラス通算100戦目を迎える。

AB・モーターレーシングは、カレル・アブラハムが第7戦カタルーニャGPで負傷した左足の状態が悪いことから、治療に専念する目的で3連戦を欠場することを決断し、緒戦の日本GPに秋吉耕介を代役として起用。

ヤマハとHRCのテストライダーを務める中須賀克行と高橋巧が、ワイルドカードライダーとして参戦する。

ワールドスターティング
ライダーズパフォーマンス

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
#AragonGP: オフ‐トラック

1 year ago

#AragonGP: オフ‐トラック

Estrella Galicia 0,0 Marc VDS
エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS、ラバットの昇格を発表

1 year ago

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDS、ラバットの昇格を発表