初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ:「左肩は大丈夫」

ロレンソ:「左肩は大丈夫」

トレーニング中に転倒を喫して左肩を打撲したが、問題なく走れることを強調。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、4日にトレーニングの一環としてミニバイクを走らせていたが、転倒を喫して、2年前の第7戦TTアッセンで骨折した左鎖骨近くを打撲したが、幸い大事には至らず、2009年、2013年と2014年に優勝、5度の表彰台を獲得した得意とするトラック、ツインリンクもてぎで開催される第15戦日本GPで、毎年表彰台を獲得する次戦オーストラリアGP、第17戦マレーシアGPを前に、ポイントリーダーとのポイント差を詰めに行く。

「まだアラゴンの良い感じが残っている。スペインのファンの前で優勝できたことは気分が良い。チーム部門を制して、週末は完璧だった。バレンティーノとのポイントも挽回することができた。チャンピオンシップは非常にエキサイティングで、タイトル争いに向けてプッシュしたければ、最大の集中力が必要だ。」

「日本は、特のこの2年間の良い思い出がある。ブレーキングと加速が特徴だけど、基本的には僕たちのライバルに有利なトラックにも関わらず、何らかの理由でグッドなレースをすることができた。今年はグレートなバトルがしたい。タイトル争いに向けて、さらにプッシュして、ポイント差を詰めたい。」

「ちょっとしたアクシデントだったけど、大丈夫。左肩が痛いけど、問題なく走ることができるだろう」と、負傷が影響しないことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›