初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

プレスカンファレンス

プレスカンファレンス

シリーズ15戦目の開幕を前日に控えた中、ポイントリーダーのロッシをはじめ、ロレンソ、マルケス、イアンノーネ、ペドロサ、エスパルガロ兄、ヘイデンが共同会見に出席。

第15戦日本GPのプレスカンファレンスは8日、ツインリンクもてぎのプレスカンファレンスルームで行われ、チャンピオンシップの上位陣が出席。前戦アラゴンGPを振り返り、今週末の抱負を語った。

2003年4月、鈴鹿サーキットで開催された開幕戦日本GPでデビューした2006年王者のニッキー・ヘイデンは、キャリア通算213戦目を前に、スーパーバイク世界選手権に転向することを発表。「来年ワールドスーパーバイクに参戦することを発表したい。チームはテンケイト・ホンダ。ここ2年間はあまり良くなかった。オープンオプションで期待通りに結果を獲得できなかった。」

「スーパーバイクは新たなグレートなチャンスだ。僕は年齢を重ねているけど、まだ走る気力がある。僕はスーパーバイクに行く。上手くやりたい。君たちを恋しく思うだろう」と、新たな挑戦に立ち向かうことを宣言。

ポイントリーダーとして乗り込んで来たポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシは、元チームメイトの決断に関して、「ニッキーを失うことは残念。素晴らしい人物で、グレートなライダーだ。彼の良い思い出が沢山ある。僕は彼がチャンピオンシップに参入したときの最初のチームだった。」

「シーズンに関しては、非常に厳しい。チャンピオンシップは完璧にオープンな状態。残り4戦、非常に厳しいときだ。好きな3連戦。ここでは特にこの2年間、ホルヘが非常に強かった。全力を尽くそう。グッドなレースで、表彰台を獲得して、非常に重要なポイントを稼ごう」と、週末の目標を説明。

前戦で今季6勝目を挙げて14ポイント差に接近したランク2位のホルヘ・ロレンソは、「土曜のトレーニング中に転んでしまい、その瞬間は、最悪のことになってしまったと思ったから心配だった。手術が必要だと考えたけど、レントゲン検査の結果、それほど重傷でないことを確認。痛みがあるけど、ここ数日間ですごく良くなった。今日はすごく良い。もしかしたら、日曜には100%に近いかもしれない。」

「このトラックは、もしかしたら僕たちのバイクにとって、最適ではないかもしれない。ここ数年はグッドなセットアップが整い、優勝することができたけど、毎年違うヒストリーとなる」と、打撲した左肩が回復していることを説明。

前戦で今季5度目の転倒リタイアを喫して、昨年タイトルを獲得した当地に戻って来たランク3位のマルク・マルケスは、「怪我はそれほど重傷ではない。ホルヘと違うのは、骨折したこと。ブレーキングで注意する必要がある。特別なハンドルを使用することになるだろう。それ以外は良い感じ。今週末に最善を尽くそう。」

「チャンピオンシップは、だいぶ前に失ってしまった。もしかしたら、それはシルバーストン。幾つかのミスを犯してしまった。可能な限り良い形でシーズンを締め括りたい」と、骨折した左手の状態を説明し、終盤4戦で上位進出に挑戦することを強調。

開幕から14戦連続のトップ8入りで、ランク4位に進出するアンドレア・イアンノーネは、「アラゴンのレースが嬉しかった。すごく良かったと思う。バレとダニを追いかけようとしたけど、不可能だった。肩の状態は70%。このトラックは難しいけど、良い思い出がある」と、脱臼した右肩の回復具合を説明。

前戦で2位を獲得したランク7位のダニ・ペドロサは、「前戦の後で、このトラックを迎えることは良い。過去には優勝を挙げた。好きなトラックで楽しい。応援メッセージを沢山もらったから、良い週末にしたい」と、2戦連続の上位進出に挑戦。

復帰したスズキのエースライダーとして乗り込んで来たランク11位のアレイシ・エスパルガロは、「スズキにとって重要な週末。僕たちを視察に沢山の人たちが来る。他のメーカーを前に、僕たちの戦闘力を証明する必要がある。3年間の不在の後で、最初は戦闘力があったと言わなければいけないけど、望んでいたような前進を果たせなかった。来季に向けてより戦闘力のあるバイクを開発し続けたい」と、シーズンを振り返り、今後の目標を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Aleix Espargaro, Jorge Lorenzo, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Andrea Iannone, Valentino Rossi, Ducati Team, Movistar Yamaha MotoGP, Repsol Honda Team, Team SUZUKI ECSTAR, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›