初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:アントネッリが連続1番時計

フリー走行2:アントネッリが連続1番時計

好調アントネッリが今季初めての連続1番時計で、ムジェロ以来2度目の初日1番手に進出。

第15戦日本GPのフリー走行2は9日、ツインリンクもてぎで行われ、ランク5位のニッコロ・アントネッリが週末2度目、今季7度目のトップタイムをマーク。第6戦イタリアGP以来今季2度目の初日総合1番手発進を決めた。

気温25度、路面温度41度のドライコンディションの中、フリー走行1を制したアントネッリが、3度のコースインで14ラップを周回すると、1分58秒台を5回、1分57秒台を2回記録。午前のラップタイムを更新できなかったが、1分57秒609の1番時計を刻んだ。

フリー走行1で2番手のミゲール・オリベイラは、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分58秒台を5回、1分57秒台を最多の4回記録して、0.020秒差の2番手。

フリー走行1で8番手のエネア・バスティアニーニは、3度のコースインで13ラップを周回すると、1分58秒台を3回、1分57秒台を1回記録して、0.190秒差の3番手。フリー走行1で19番手のリビオ・ロイは、5番手に躍進。ブラッド・ビンダー、アレックス・マスボー、ホルヘ・ナバーロ、フランセスコ・バグナイア、ズルファイミ・カイルディンがトップ10入り。

フリー走行1で9番手の尾野弘樹は、1度のコースインで3ラップの周回に止まって、0.810秒差の10番手。午前のラップタイムで総合14番手

フリー走行1で4番手のダニー・ケントは、1.019秒差の13番手、午前のタイムで総合7番手。負傷から復帰したファビオ・クアルタラロは、1.200秒差の17番手、総合19番手。

フリー走行1で28番手の鈴木竜生は、1.533秒差の28番手、総合29番手。ワイルドカードの水野涼と栗原佳祐は、34番手と36番手だった。

フリー走行2

フリー走行初日総合

Tags:
Moto3, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, FP2, Enea Bastianini, Niccolò Antonelli, Miguel Oliveira, Ongetta-Rivacold, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
プレイベント~モトレーサーに挑戦

1 year ago

プレイベント~モトレーサーに挑戦