初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ:「問題は特に加速」

ペドロサ:「問題は特に加速」

幸先の2番手発進もコーナーの進入と出口で問題があることを説明。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第15戦日本GPの初日に5番時計と2番時計を記録。今季3度目の表彰台を獲得した前戦アラゴンGPの勢いに乗って、トップタイムから0.128秒差の初日総合2番手に進出した。

フリー走行1で0.515秒差の5番手。フリー走行2は、3度のコースインで最多の20ラップを周回すると、1分45秒台を4回、1分44秒台を1回記録。

「初日に沢山のことを試した。グッドなポジションで終わったけど、期待していなかった問題があった。それはハードブレーキングと特に加速。コーナーの進入でタイムロスしてしまい、立ち上がりではウィリーしてしまうから、全開でスロットルを開けることができない。」

「ヤマハとドゥカティから大きく引き離されている。グッドな1ラップだったけど、全周回数を我慢できる安定感のあるバイク、パッシングができるような敏捷性のあるバイクにするために仕事をする必要がある」と、2日目の課題を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ベストスローモーション

2 years ago

ベストスローモーション