初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:ロレンソが今季4度目のポールポジションを奪取

公式予選:ロレンソが今季4度目のポールポジションを奪取

総合2位のロレンソが今季初優勝を挙げたヘレスを再現するように全セッションで最速時計を記録。総合1位のロッシは2番手、総合3位のマルケスは3番手。

第15戦日本GPの公式予選は10日、ツインリンクもてぎで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが週末5度目、今季27度目のトップタイムをマーク。第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP以来今季4度目、最高峰クラスで34度目、当地で2年ぶり5度目、キャリア通算60度目のポールポジションを奪取した。

気温20度、路面温度24度のドライコンディションの中、今季7度目のフリー走行総合1番手に進出したロレンソは、レースシミュレーションとなるフリー走行4で1分45秒台を9回記録して、1番手を維持すると、公式予選2では、サーキットベストラップ(1分44秒502)を0.712秒更新する1分43秒790の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合5番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で1分45秒台を8回記録して、2番手に浮上すると、公式予選2では、0.081秒差の2番手に入って、今季4度目の1列目に進出。

フリー走行総合4番手のマルク・マルケスは、フリー走行4で1分45秒台を6回記録して、3番手に進出すると公式予選2では、0.426秒差の3番手に入って、8戦連続13度目の1列目を確保。

フリー走行総合3番手のアンドレア・ドビツィオーソは、フリー走行4で1分45秒台を4回記録して、7番手に後退したが、公式予選2では、0.426秒差4番手まで挽回。

フリー走行総合2番手のアンドレア・イアンノーネは、0.646秒差の5番手。フリー走行総合6番手のダニ・ペドロサ、フリー走行総合10番手のアレイシ・エスパルガロ、フリー走行総合8番手のカル・クラッチロー、フリー走行総合9番手のブラドリー・スミスまでが3列目に進出。

フリー走行総合12番手のマーベリック・ビニャーレスは、公式予選1で1番手、公式予選2で10番手。フリー走行総合7番手のポル・エスパルガロ、フリー走行総合11番手のスコット・レディングが続いた。

公式予選1に出走した日本勢は、中須賀克行が5番手。高橋巧と秋吉耕佑は9番手と16番手だった。

公式予選2
公式予選1
フリー走行4

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Q2, Valentino Rossi, Jorge Lorenzo, Marc Marquez, Movistar Yamaha MotoGP, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
Lorenzo too hot too handle

2 years ago

Lorenzo too hot too handle