初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ:「作戦が上手く行った」

ペドロサ:「作戦が上手く行った」

序盤に落ち着いて走ったことが今季初優勝の勝因だったことを説明。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第15戦日本GPの決勝レースで、6番グリッドから次々にポジションをアップして、昨年8月の第11戦チェコGP以来19戦ぶりに優勝。最高峰クラスで27勝目、当地で3年ぶり5勝目、史上8人目となるキャリア通算50勝目に到達した。

ウォームアップ走行で今季3度目の最速時計を刻んだ後、決勝レースでは、1ラップ目に4番手、11ラップ目に3番手、16ラップ目に2番手、18ラップ目には今季初めてトップに浮上。7ラップ目は1番手から8.844秒差だったが、最後は2位に8.573秒差でチェッカーを受けた。

「優勝できて本当に嬉しい。長く優勝から離れていたから、大きな満足感がある。すごく楽しいレースだった。序盤を落ち着いて走り、大きくタイムロスしてしまったけど、ステップ・バイ・ステップで巻き返すことができたから、この作戦が上手く行った。」

「厳しいシーズンだったから、ホンダ、チーム、スポンサー、友人、家族にこの優勝を与えられることが嬉しい。容易な週末ではなかった。アレックス・デ・アンジェリスが早く回復してくれることを願う」と、最後は応援メッセージを送った。

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #JapaneseGP

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›