初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ:「ポイント拡大が目標だった」

ロッシ:「ポイント拡大が目標だった」

9ポイント差を巻き返される寸前だったが、逆転で4ポイント差を加算。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第15戦日本GPの決勝レースで、2番グリッドから2位。今季14度目の表彰台獲得により、ランク2位のロレンソに対して、アドバンテージを14ポイント差から18ポイント差に拡大することに成功した。

今週末初めてのウェットコンディションとなったウォームアップ走行で3番手だった後、今季4度目の1列目から2番手を走行。16ラップ目に3番手に後退したが、その時点で3.171秒差だったロレンソを20ラップ目に抜いた。

「身体面は悪くなかったけど、精神面はミスを簡単に犯しやすかった状況だったから、集中力を維持することが非常に厳しかった。序盤はグッドなペースがあったけど、ホルヘは僕よりも強く、ちょっとしたアドバンテージを広げる力があった。ペースが良くなると、彼とのギャップを維持することができ、タイムロスをしないことをモチベーションに利用したけど、路面が乾き始めると、難しくなった。」

「ストレートでスピニングが酷くなり、ダニに追いつかれてしまった。もし、ダニに抜かれ、ホルヘに9ポイントを挽回されそうだったけど、ダニの後ろで数ラップほど速く走れ、ホルヘを捕まえることができた。彼がミスを冒して、さらに、4ポイントを拡大することができた。これが目標だったから、すごく嬉しい」と、4ポイント差を加算したレースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›