初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:アントネッリが今季2勝目

決勝レース:アントネッリが今季2勝目

総合1位のケントは6位、総合2位のバスティアニーニは7位。タイトル争いの決着は、次戦に持ち越し。

第15戦日本GPの決勝レースは11日、ツインリンクもてぎで行われ、ランク5位のニッコロ・アントネッリがキャリア初優勝を挙げた第11戦チェコGPに続き、通算2勝目を飾り、ランク4位に浮上した。

天候不良により安全面を考慮し、予定の11時00分から12時05分にスタート時間が変更され、周回数が20ラップから13ラップに縮小された気温19度、路面温度22度のウェットコンディションの中、2番グリッドのアントネッリは、スタートから飛び出して、単独走行で優勝。ホンダがコンストラクター部門において、2001年以来となるタイトルを獲得した。

5番グリッドのミゲール・オリベイラは、1.053秒差の2位。3戦連続6度目の表彰台を獲得すれば、6番グリッドのホルヘ・ナバーロは、8.529秒差の3位。2戦連続の表彰台を獲得。

7番グリッドのイサック・ビニャーレスは、3番手走行中のラスト2ラップに週末2度目、今季9度目の転倒を喫したが、レースに復帰して4位に進出。15番グリッドのズルファイ・カイルディンは、今季の最高位となる5位。

タイトル争いの主役、4番グリッドのダニー・ケントは、3番グリッドのエネア・バスティアニーニを最終ラップで抜いて6位。バスティアニーニは7位。

19番グリッドのカレル・ハニカ、24番グリッドのジョン・マックフィー、27番グリッドのエフレン・バスケスがトップ10入り。ウォームアップ走行で1番手に進出した23番グリッドのホルヘ・マルティンは11位。

20番グリッドの鈴木竜生は、25.145秒差の13位。今季2度目のポイント圏内に進出すれば、ワイルドカードの栗原佳祐は25位完走。

キャリア初のポールポジションを獲得したロマーノ・フェナティは、10番手走行中の3ラップ目に週末2度目、今季12度目の転倒を喫した後、レースに復帰して28位。

12番グリッドの尾野弘樹は、2番手走行中の3ラップ目に週末2度目、今季15度目の転倒。8番グリッドのリビオ・ロイは、3番手走行中の5ラップ目に今季7度目の転倒。ワイルドカードの水野涼も転倒リタイアを喫した。

公式予選で29番手だったファビオ・クアルタロは、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPで骨折した右脚の状態が良くないことから欠場した。

チャンピオンシップは、総合1位のケントが総合2位のバスティアニーニに対して、アドバンテージを55ポイント差から56ポイント差に拡大し、初タイトル獲得に向けて前進。

次戦オーストラリアGPは、フィリップアイランド・サーキットで16日に開幕、18日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ワールドスタンティング
ライダースパフォーマンス

Tags:
Moto3, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, RAC, Niccolò Antonelli, Miguel Oliveira, Jorge Navarro, Ongetta-Rivacold, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ウォームアップ走行:ペドロサがウェットで快走の最速時計

2 years ago

ウォームアップ走行:ペドロサがウェットで快走の最速時計

@BSMotoGP

2 years ago

#MotoGP WUP is go! It's wet but track temp quite good 23deg C. Soft compound wet tyres to start, some riders might try hard wet front though

motogp.com
ウォームアップ走行:マルティンが1番手に進出

2 years ago

ウォームアップ走行:マルティンが1番手に進出