初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ペドロサが今季初優勝で通算50勝目

決勝レース:ペドロサが今季初優勝で通算50勝目

厳しいシーズンを過ごした総合7位のペドロサが19戦振りの優勝で通算50勝目。総合1位のロッシが2位、総合2位のロレンソが3位。

第15戦日本GPの決勝レースは11日、ツインリンクもてぎで行われ、ランク7位のダニ・ペドロサが快走で昨年8月の第11戦チェコGP以来19戦ぶりに優勝、最高峰クラスで27勝目、当地で3年ぶり5勝目、史上8人目となるキャリア通算50勝目に到達した。

気温19度、路面温度21度のウェットコンディションの中、ウォームアップ走行で最速時計を刻んだ6番グリッドのペドロサは、11ラップ目に3番手、16ラップ目に2番手、18ラップ目に今季初めてトップに浮上。

2番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、16ラップ目に3番手に後退したが、20ラップ目に2番手に浮上。8.573秒差の2位に入り、今季14度目の表彰台を獲得。

ポールポジションのホルヘ・ロレンソは、スタートからトップを単独走行していたが、12.127秒差の3位。

3番グリッドのマルク・マルケスは、27.841秒差の4位。4番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソ、8番グリッドのカル・クラッチロー、9番グリッドのブラドリー・スミスが続き、15番グリッドの中須賀克行が8位に進出。

18番グリッドのエクトル・バルベラは9位。今季初の1桁台に進出すれば、12番グリッドのスコット・レディングがトップ10入り。19番グリッドの高橋巧は12位。26番グリッドの秋吉耕佑は19位。

5番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、7番手走行中の11ラップ目にマシントラブルでリタイア。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのロッシがランク2位のロレンソに対して、アドバンテージを14ポイント差から18ポイント差に拡大。

次戦オーストラリアGPは、フィリップアイランド・サーキットで16日に開幕、18日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ワールドスタンティング
ライダースパフォーマンス

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, RAC, Jorge Lorenzo, Valentino Rossi, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ウォームアップ走行:ペドロサがウェットで快走の最速時計

2 years ago

ウォームアップ走行:ペドロサがウェットで快走の最速時計

@BSMotoGP

2 years ago

#MotoGP WUP is go! It's wet but track temp quite good 23deg C. Soft compound wet tyres to start, some riders might try hard wet front though