Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:新王者ザルコが貫録の優勝

決勝レース:新王者ザルコが貫録の優勝

4年前にキャリア初優勝を挙げた舞台で、ザルコが新王者として今季7勝目。ドイツコンビのフォルガー&コルテセが表彰台。

第15戦日本GPの決勝レースは11日、ツインリンクもてぎで行われ、2015年王者のヨハン・ザルコが今季7度目のポールポジションから7勝目、6度目のポール・トゥ・フィニッシュを決めた。

天候不良により安全面を考慮し、予定の12時20分から13時00分にスタート時間が変更され、周回数が23ラップから15ラップに縮小された気温19度、路面温度21度のウェットコンディションの中、ウォームアップ走行で6番手だったザルコは、5ラップ目にトップの座を挽回して、単独走行で優勝。

3番グリッドのジョナス・フォルガーは、4.505秒差の2位。第4戦スペインGP以来今季3度目の表彰台を獲得すれば、9番グリッドのサンドロ・コルテセは、15.433秒差の3位。昨年8月の第11戦チェコGP以来、中量級で2度目の表彰台を獲得。

12番グリッドのアズラン・シャーは、自己最高位4位を獲得。6番グリッドのハーフィス・シャハリン、17番グリッドのリカルド・カルドゥス16番グリッドのシモーネ・コルシ、4番グリッドのサム・ロース、21番グリッドのマンセル・シュレッター、18番グリッドのランディ・クルメンナッハがトップ10入り。

ウォームアップ走行を制した5番グリッドのアレックス・リンスは11位。

ワイルドカードの高橋裕紀と小山知良は、13位と14位のポイント圏内に進出。

7番グリッドの中上貴晶は、3番手走行中の ラップ目に週末2度目、今季4度目の転倒を喫した後、レースに復帰して、22位で完走。

2番グリッドのトーマス・ルティは、4番手走行中の ラップ目に今季5度目の転倒を喫してリタイア。

チャンピオンシップは、欠場した総合2位のラバットに対して、総合3位のリンスが、ギャップを17ポイント差まで詰めた。

次戦オーストラリアGPは、フィリップアイランド・サーキットで16日に開幕、18日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ワールドスタンティング
ライダースパフォーマンス

Tags:
Moto2, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, RAC, Johann Zarco, Sandro Cortese, Jonas Folger, Ajo Motorsport, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
ウォームアップ走行:ペドロサがウェットで快走の最速時計

1 year ago

ウォームアップ走行:ペドロサがウェットで快走の最速時計

@BSMotoGP

1 year ago

#MotoGP WUP is go! It's wet but track temp quite good 23deg C. Soft compound wet tyres to start, some riders might try hard wet front though

motogp.com
ウォームアップ走行:マルティンが1番手に進出

1 year ago

ウォームアップ走行:マルティンが1番手に進出

motogp.com
Lorenzo too hot too handle

1 year ago

Lorenzo too hot too handle