初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロレンソ:「まだ勝つことができる」

ロレンソ:「まだ勝つことができる」

総合1位から18ポイント差も逆転の可能性があることを強調。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第15戦日本GPの決勝レースで、ポールポジションから3位。今季9度目の表彰台を獲得したが、ポイントリーダーとのギャップが14ポイント差から18ポイント差に広がってしまった。

今週末初めてのウェットコンディションとなったウォームアップ走行で2番手だった後、今季1度目の1番グリッドから飛び出して、11ラップ目には2番手に3.498秒差のアドバンテージを広げたが、ラスト7ラップに2番手、ラスト5ラップに3番手。最後は12.127秒差の3位でチェッカーを受けた。

「残念。ドライだった僕が1番速く安定していた。ウェットでも非常に速かったけど、不運にもトラックが乾いて行き、もしかしたら、序盤にプッシュし過ぎたかもしれない。タイヤがバレンティーノ、ダニよりも早く消耗してしまった。ほぼ乾いた状態になったときには、フロントタイヤがもう破損してしまい、それまでのように走ることができなかった。」

「バレンティーノの前でゴールすることが大切だったけど、チャンピオンシップは終わっていない。2013年は、マルケスから大きく離されていたけど、最後は僅か4ポイント差でタイトルを失った。僕が残りのレースに全て勝ち、誰から僕たちの間に割り込んでくれば、まだ僕がチャンピンシップを勝つことができる」と、逆転の可能性があることを強調した。

Tags:
MotoGP, 2015, MOTUL GRAND PRIX OF JAPAN, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›