初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP™クラスプレビュー

MotoGP™クラスプレビュー

ロッシ対ロレンソのタイトル争い。ポイント差は18。3連戦の2戦目、赤道を越えて、南半球のオーストラリアに乗り込む。

第16戦オーストラリアGPは、フィリップアイランド・サーキットで今週16日に開幕、18日に決勝レースが行われ、前戦日本GPで今季14度目の表彰台を獲得したバレンティーノ・ロッシがポイントリーダーとして、タイトル争いのライバル、ランク2位のホルヘ・ロレンソをはじめ、優勝表彰台を争うライバルたちの挑戦を受ける。

当大会が初めて開催されたのは、25年前の1989年。最初の2年間は、南東部ビクトリア州のウェスタンポートワンの入り口に浮かぶフィリップ島にある当 地で開催された後、東南部ニューサウスウェールズ州の州都シドニー郊外のイースタン・クリーク・レースウェイで6年間開催。1997年から当地に戻り、今年で19年連続21回目の開催を迎える。

安定したパフォーマンスで総合1位を堅守するロッシは、2001年から5年連続優勝を含め、最高峰クラスに初進出した2000年から11年連続表彰台を獲得。昨年は8番グリッドから9年ぶり6度目の優勝、2年連続13度目の表彰台を獲得。得意とする当地で、ポイントアドバンテージを広げに行く。

前戦日本GPで3年連続の優勝を逃したロレンソは、14ポイント差から18ポイント差にポイントギャップが広がったが、2013年の優勝を含む3年連続4度の表彰台を獲得したトラックで、ホームレースとなる最終戦バレンシアGPでの逆転を視野に、ポイント差を詰めに行く。

ランク3位のマルク・マルケスにとって、豪州は日本と並び、最高峰クラスでまだ優勝を挙げたことがないサーキット。1年目の2013年は失格、昨年はポールポジションから1番手走行中に転倒リタイア。3年ぶりの表彰台、5年ぶりの優勝を目指す。

タイトル争い2人にとって、マルケスと共に警戒すべき存在になったのは、前戦で今季初優勝を挙げて、ランク5位に浮上したダニ・ペドロサ。当地では、2009年と2013年に表彰台を獲得。まだ優勝はないが、勢いに乗って、フィリップアイランドに乗り込む。

ドゥカティの両雄、ランク4位のアンドレア・イアンノーネとランク7位のアンドレア・ドビツィオーソは、射程圏内のランク3位とランク4位に向けて、表彰台を狙い、前戦で厳しいレースとなったスズキのアレイシ・エスパルガロとマーベリック・ビニャーレス、アプリリアのアルバロ・バウティスタとステファン・ブラドルは、トップ10入り、ポイント圏内進出を目指す。

サテライト勢の注目は、ランク6位に進出するブラドリー・スミス。ランク8位のカル・クラッチローとは、54ポイント差のアドバンテージを得ていることから、今週末の結果次第では、カテゴリーの最高位が決定する。

オープンオプション勢では、エクトル・バルベラが前戦で今季初めて1桁台に進出、ロリス・バスがリタイアを強いられたことから、2ポイント差の逆転。2人の争いにも注目が集まる。

AB・モーターレーシングは、カレル・アブラハムの代役に地元出身のアンソニー・ウエストを起用。E-エモーション・イオダレーシングは、アレックス・デ・アンジェリスの代役を起用しない。

Tags:
MotoGP, 2015, PRAMAC AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, #AustralianGP

Other updates you may be interested in ›

Shell Advance Asia Talent Cup
SAATC riders have fun with Twin Ring Motegi mascots

2 years ago

SAATC riders have fun with Twin Ring Motegi mascots