初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSがミラーを起用

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSがミラーを起用

最高峰クラス2年目の2016年に向け、2人体制を整え、軽量級から昇格して2年目を迎えるミラーを起用。

エストレージャ・ガルシア・0,0・マーク・VDSは、第16戦オーストラリアGPの開催を前日に控えた15日、地元出身のジャック・ミラーを2016年に起用することを発表。現在LCR・ホンダでミラーをサポートするチーフクルーのクリスチャン・ガバリーニらも移籍することが決まった。

来季最高峰クラス2年目を新天地から迎えることになったミラーは、「ホンダ、マーク・VDSと共に参戦できることに興奮。強く経験があるグッドなチーム。来年僕がグッドなポジションで闘えるように、グッドな体制を整えている。双方にとって最高峰クラス2年目。一緒に結果を獲得できるように、お互いの経験を活かしたい」と、抱負を語った。

チームマネージャーのミシュル・バルトメッリーは、「ようやく彼を起用します。彼は旋風を巻き起こせる才能のあるライダーです。昨年彼と契約して、今年起用したかったです。MotoGP™からMoto3™に昇格して厳しい移行期ですが、グッドなシーズンです。来年は戦闘力のあるバイクと共に我々の支援を受けられることで、有益となるでしょう。ポテンシャルを証明するために必要なことが整っています」と、2年越しに起用が決まったことを喜んだ。

Tags:
MotoGP, 2015, Jack Miller, Tito Rabat, EG 0,0 Marc VDS

Other updates you may be interested in ›