初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:オリベイラが今季初めて初日総合1番手

フリー走行2:オリベイラが今季初めて初日総合1番手

雨の影響を受けた2度目のプラクティスで総合9位のナバーロが1番手。総合3位のオリベイラが総合1番手。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行2は16日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、ランク8位のホルヘ・ナバーロが第12戦イギリスGPの公式予選以来今季5度目のトップタイムをマーク。ランク3位のミゲール・オリベイラが今季初めて初日総合1番手に進出した。

トラックの一部が濡れたドライコンディションの中、フリー走行1で13番手だったナバーロは、2度のコースインで9ラップを周回すると、1分38秒台を2回、1分37秒台を1回記録。1分37秒531の1番時計を刻み、初日総合3番手に浮上。

フリー走行1で4番手のブラッド・ビンダーは、2度のコースインで6ラップを周回すると、1分38秒台を2回、1分37秒台を2回記録して、0.167秒差の2番手、初日総合4番手。

今季5度目の1番時計で今季初めて1番手発進を決めたミゲール・オリベイラは、2度のコースインで7ラップを周回すると、1分38秒台を3回、1分37秒台を2回記録したが、午前のラップタイムを更新できず、0.272秒差の3番手。

フリー走行1で5番手のロマーノ・フェナティは、0.360秒差の4番手。フリー走行1で10番手のニッコロ・アントネッリ、フリー走行1で19番手のフィリップ・エッテル、フリー走行1で6番手のイサック・ビニャーレス、フリー走行1で14番手のフランフアン・グエバラ、フリー走行1で15番手のリビオ・ロイ、フリー走行1で9番手のフランセスコ・バグナイアがトップ10入り。

フリー走行1で2番手だったダニー・ケントは、トラックコンディションを確認するために2度のコースインを実施したが、ラップタイムが記録されず、午前のラップタイムで初日総合2番手。

フリー走行1で3番手のエフレン・バスケスは、1.261秒差の17番手、初日総合5番手。フリー走行1で18番手のエネア・バスティアニーニは、0.837秒差の11番手、初日総合14番手。

フリー走行1で28番手の鈴木竜生は、2度のコースインで14ラップを周回すると、1分39秒台を3回記録して、1.917秒差の26番手、初日総合29番手だった。

フリー走行2
フリー走行初日総合

Tags:
Moto3, 2015, PRAMAC AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP2, Miguel Oliveira, Danny Kent, Jorge Navarro, Red Bull KTM Ajo, #AustralianGP

Other updates you may be interested in ›