初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:リンスが今季初の初日総合1番手

フリー走行2:リンスが今季初の初日総合1番手

総合3位のリンスが中量級で初めて初日1番手に進出すれば、総合2位のラバットが転倒。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行2は16日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、ランク3位のアレックス・リンスが今季9度目のトップタイムをマーク。今季初めて初日総合1番手に浮上した。

気温16度、路面温度35度のドライコンディションの中、フリー走行1で5番手のリンスは、3度のコースインで23ラップを周回すると、1分34秒台を5回、1分33秒台を9回記録。1分33秒106の1番時計を刻んだ。

今季7番手発進を決めたサム・ロースは、2度のコースインで18ラップを周回すると、1分34秒台を3回、1分33秒台を最多の11回記録して、0.046秒差の2番手。

フリー走行1で8番手のロレンソ・バルダッサーリは、3度のコースインで23ラップを周回すると、1分34秒台を10回、1分33秒台を2回記録して、0.199秒差の3番手に入り、初日の自己最高位に進出。

フリー走行1で2番手だった中上貴晶は、3度のコースインで24ラップを周回すると、1分34秒台を7回、1分33秒台を7回記録して、0.265秒差の4番手。

フリー走行1で3番手のジョナス・フォルガーは、0.312秒差の5番手。フリー走行1で6番手のサンドロ・コルテセ、フリー走行1で4番手のトーマス・ルティ、フリー走行1で13番手のミカ・カリオ、フリー走行1で7番手のヨハン・ザルコ、フリー走行1で15番手のハーフィス・シャハリンがトップ10入り。負傷から復帰したフランコ・モルビデッリは19番手。

フリー走行1で21番手のティト・ラバットは、5ラップ目に今季8度目の転倒を喫して、左手首を強打したことから精密検査を受けるために、近郊に病院に搬送されたが、今大会を欠場することを決断した。

フリー走行2
フリー走行初日総合

Tags:
Moto2, 2015, PRAMAC AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP2, Sam Lowes, Lorenzo Baldassarri, Alex Rins, Paginas Amarillas HP 40, #AustralianGP

Other updates you may be interested in ›