初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス:「変更で良くなった」

マルケス:「変更で良くなった」

最高峰クラス未勝利のフィリップアイランドで、ザクセンリンク以来7戦振りに初日総合1番手発進。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第16戦オーストラリアGPの初日に2番時計と1番時計を記録。第9戦ドイツGP以来今季4度目、最高峰クラスで優勝経験がないフィリップアイランド・サーキットで初めて初日総合1番手に進出した。

2年前に失格、1年前に転倒リタイアを喫した当地に乗り込み、木曜に手術した左手の抜糸を行った後、フリー走行1は、トップタイムから0.348秒差。フリー走行2は、3度のコースインで19ラップを周回すると、1分30秒台を4回、1分29秒台を最多の4回記録。今季38度目の1番時計を刻んだ。

「グッドな1日目。午前のプラクティスは、雨が降って少し難しかったけど、速く走ることができた。午後はレースに向けてセッティングの仕事を進め、前進したと思う。今回もホルヘがすごく速いけど、僕たちは良い仕事をしている。グッドなラップをマークして、グッドなペースで走っている。重要なのは、セップアップの変更で良くなったことだ」と、順調なスタートを切ったことを説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, PRAMAC AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #AustralianGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
プレイベント~野生動物園を訪問

1 year ago

プレイベント~野生動物園を訪問