初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:マルケスが2年連続のポールポジションを連取

公式予選:マルケスが2年連続のポールポジションを連取

総合3位のマルケスが最高峰クラスで未勝利のフィリップアイランドで快走の最速時計を刻み、ロレンソは3番手、ロッシは7番手。

第16戦オーストラリアGPの公式予選は17日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、ランク3位のマルク・マルケスが週末4度目、今季41度目のトップタイムをマーク。今季8度目、最高峰クラスで30度目、当地で2年連続3度目、キャリア通算58度目のポールポジションを奪取した。

気温16度、路面温度41度のドライコンディションの中、フリー走行総合1番手のマルケスは、レースシミュレーションとなるフリー走行4で1分30秒台を2回、1分29秒台を9回記録。1分29秒245の1番時計を刻むと、公式予選2では、1分28秒364の1番時計を刻み、年間の予選最速者を決定するBMW・M・アワーズにおいて、総合2番手に40ポイント差のアドバンテージを広げ、3年連続のタイトル獲得に王手。

フリー走行総合5番手のアンドレア・イアンノーネは、フリー走行4で1分30秒台を6回、1分29秒台を3回記録して、0.626秒差の3番手。公式予選2は、0.316秒差の2番手に入り、今季5度目の1列目を獲得。

フリー走行総合2番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4で1分30秒台を7回、1分29秒台を2回記録して、0.619秒差の2番手。公式予選2は、0.316秒差の2番手だったが、2番目の最速時計により、3番手となり、8戦連続13度目の1列目を確保。

フリー走行総合8番手のダニ・ペドロサは、0.348秒差の4番手。フリー走行総合3番手のカル・クラッチロー、フリー走行総合4番手のマーベリック・ビニャーレスが、トップ6入りで2列目に進出。

フリー走行総合7番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で1分30秒台を10回記録して、0.863秒差の6番手。公式予選2は、0.650秒差の7番手。

公式予選1を通過したフリー走行総合11番手のアレイシ・エスパルガロとフリー走行総合16番手のポル・エスパルガロ、フリー走行総合10番手のアンドレア・ドビツィオーソがトップ10入り。フリー走行総合6番手のスコット・レディング、フリー走行総合9番手のブラドリー・スミスがトップ12入りで4列目に進出。

フリー走行総合14番手のエクトル・バルベラは、公式予選1で4番手に入り、オープンオプション勢の最高位に進出した。

公式予選2
公式予選1
フリー走行4
スターティンググリッド

Tags:
MotoGP, 2015, PRAMAC AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Q2, Marc Marquez, Andrea Iannone, Jorge Lorenzo, Repsol Honda Team, #AustralianGP

Other updates you may be interested in ›