Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:マルケスが今季8度目の総合1番手

フリー走行3:マルケスが今季8度目の総合1番手

路面温度20度のドライコンディションの中で総合3位のマルケスが、最速リズムで周回して2戦振りに総合1番手。

第16戦オーストラリアGPのフリー走行3は17日、フィリップアイランド・サーキットで行われ、ランク3位のマルク・マルケスが週末2度目、今季39度目のトップタイムをマーク。今季8度目のフリー走行総合1番手に進出した。

今季4度目の初日総合1番手に進出したマルケスは、1分29秒台を10回記録。1分29秒081の1番時計を刻めば、初日総合5番手のカル・クラッチローは、1分30秒台を5回、1分29秒台を1回記録。0.428秒差の2番手、総合3番手に浮上。

初日総合2番手のホルヘ・ロレンソは、1分30秒台を7回、1分29秒台を3回記録して、0.439秒差の3番手、フリー走行2のラップタイムで総合2番手。初日総合3番手のマーベリック・ビニャーレス、初日総合4番手のアンドレア・イアンノーネ、初日総合17番手のスコット・レディングがトップ6入り。

初日総合9番手のバレンティーノ・ロッシは、1分30秒台を10回、1分29秒台を3回記録して、0.734秒差の7番手。初日総合6番手のダニ・ペドロサ、初日総合8番手のブラドリー・スミス、初日総合14番手のアンドレア・ドビツィオーソがトップ10入りで、公式予選2に直接進出。

初日総合10番手のアレイシ・エスパルガロ、初日総合7番手のダニロ・ペトルッチ、初日総合11番手のジャック・ミラーが続いた。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
MotoGP, 2015, PRAMAC AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP3, Jorge Lorenzo, Cal Crutchlow, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #AustralianGP

Other updates you may be interested in ›