Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ:「グッドなバランスが重要」

ロッシ:「グッドなバランスが重要」

2年前に全面舗装されたが、グリップの低下でスリップが増したことから、タイヤの寿命に問題がないことを説明。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第16戦オーストラリアGPの公式予選で7番時計。明日の決勝レースを今季7度目の3列目から迎える。

初日総合9番手だった後、フリー走行3は7番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで17ラップを周回すると、1分30秒台を10回記録して、0.863秒差の6番手。

「3列目からのスタートは常に難しい。本当のところ、もう少し上のグリッドポジションを期待していた。スピードアップに向けて幾つか異なることを試したけど、良い解決策が見つからなかった。ペースは安定しているけど、充分な速さがなく、予選に向けて準備が出来ていなかった。グッドな1ラップだったけど、上位に進出するには十分ではなかった。」

「ブリヂストンは特に過去の出来事に対して心配しているけど、グリップが低いから、大きく滑ってしまう問題をみんなが抱えている。この理由から明日はタイヤの寿命に問題がないと思う。非常重要なのは、スリップを減らすために、グッドなバランスを見つけることだ」と、対策を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, PRAMAC AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #AustralianGP

Other updates you may be interested in ›