Tickets purchase
VideoPass purchase

イアンノーネ:「幸運のキスだった!」

イアンノーネ:「幸運のキスだった!」

カモメに激突したコーナーでスペクタクロなオーバーテイクを見せ、初めて最高峰クラスで優勝争いを展開。

ドゥカティ・チームのアンドレア・イアンノーネは、第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、2番グリッドから序盤にカモメが激突するアクシデントに見舞われたが、最高峰クラスで初めて優勝争いを展開。0.930秒差の3位に入り、第6戦イタリアGP以来今季3度目の表彰台を獲得した。

「インクレディブルなレースだ!ここでグッドなレースをする可能性があったから、表彰台で終えることが非常に重要だったけど、結果は簡単ではなく、当然の結論でもなかった。僕たちはグレートなバトルで、沢山の機会で抜き合い、インクレディブルなスペクタクロだった。テレビ観戦してファンも楽しんでくれたことを願う。」

「僕たちはレース毎に良くなっているから、この結果が相応しく、僕にとっても重要だった。昨年と比較すれば、僕たちは信じられないほどの進歩を遂げた。誰も期待していなかったことだ。」

「2ラップのことは、本当に珍しいことが起きた。カモメが道を開けようと僕の前に飛び出し、頭部に激突したけど、最終的に幸運のキスのようだった!」と、上機嫌で珍事を振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, PRAMAC AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Andrea Iannone, Ducati Team, #AustralianGP

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›