初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バウティスタ:「上位陣とのタイム差を縮めた」

バウティスタ:「上位陣とのタイム差を縮めた」

前戦日本GPの1分20秒差を払拭するように、今季のベストパフォーマンスで37秒差でフィニッシュ。

アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのアルバロ・バウティスタは、第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、18番グリッドから14位。今季最も苦戦した前戦日本GPの1分20秒507差から今季の最短となる37.244秒差でチャッカーを受け、開発に必要なデータを収集した。

「グッドなスタートだった。プラクティスで出くわしたグリップの突然の低下を避ける目的で、タイヤを過熱しないように注意した。特に序盤で、まだ100%で行けないけど、前のグループを簡単に追いかけることができ、グリップが低下してからも、自分のペースで走り続けることができたから、終盤にミラーを抜く機会を持てたけど、上位陣とのギャップを縮めたことが良かった。」

「これが良い兆候。バイクは週末を通じて前進した。チームに感謝したい。この調子で行きたい」と、15戦連続の完走、11戦目のポイント圏内に進出したレースを振り返った。

Tags:
MotoGP, 2015, PRAMAC AUSTRALIAN MOTORCYCLE GRAND PRIX, Alvaro Bautista, Aprilia Racing Team Gresini, #AustralianGP

Other updates you may be interested in ›

Bridgestone Motorsport
ブリヂストン、フロント用の左右非対称が良好に作動

2 years ago

ブリヂストン、フロント用の左右非対称が良好に作動

motogp.com
パドックガールズ

2 years ago

パドックガールズ