初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:佐々木が2代目の王者に輝く

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップ:佐々木が2代目の王者に輝く

アジア&オセアニア地域におけるヤングライダーの発掘及び育成を目的に開催される当大会の5戦目がツインリンクもてぎで開催され、佐々木が優勝と2位でタイトルを獲得。

シェルアドバンス・アジア・タレント・カップの第5戦日本大会は週末、MotoGP™世界選手権の併催として、ツインリンクもてぎで行われ、第1レースで佐々木歩夢(15歳)、第2レースで眞崎一輝(15歳)が優勝を飾った。

第1レースは、佐々木がポール・トゥ・フィニッシュで今季3勝目。5番グリッドの小椋藍(14歳)は、0.107秒差の2位に入って今季3度目の表彰台。10番グリッドのジェリー・サリム(インドネシア/18歳)は、オープニングレース以来となる3位表彰台。

第2レースは、第1レースで転倒により18位だった7番グリッドの眞崎が初優勝。佐々木は2位。9番グリッドの伊達悠太(16歳)は、3位に入って今季2度目の表彰台を獲得。

チャンピオンシップは、最終戦マレーシア大会を残して、ポイントリーダー佐々木が181ポイントに到達。ランク2位の眞崎に対して、アドバンテージを 64ポイント差に広げ、チャンピオンに輝いた。

次戦は、MotoGP™世界選手権第17戦マレーシアGPの併催として、24日に第1レース、25日に第2レースが行われる。

Tags:
SAATC, 2015, #JapaneseGP

Other updates you may be interested in ›