初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行2:ロレンソが今季8度目の初日総合1番手

フリー走行2:ロレンソが今季8度目の初日総合1番手

連勝で逆転タイトルを狙う総合2位のロレンソが、2戦振り8度目の総合1番手。総合1位のロッシはコンマ6秒差の総合5番手。

第17戦マレーシアGPのフリー走行2は23日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ランク2位のホルヘ・ロレンソが今季29度目のトップタイムをマーク。第15戦日本GPに続き今季8度目の初日総合1番手に進出した。

気温35度、路面温度47度のドライコンディションの中、フリー走行1で2番手に進出したロレンソは、3度のコースインで15ラップを周回すると、2分01秒台を6回、2分00秒台を2回記録。サーキットレコードラップ(2分01秒150)を大きく上回る2分00秒246の1番時計を刻んだ。

今季4度目の1番手発進を決めたダニ・ペドロサは、3度のコースインで18ラップを周回すると、2分01秒台を6回、2分00秒台を3回記録して、0.047秒差の2番手。

フリー走行1で3番手のマルク・マルケスは、3度のコースインで16ラップを周回すると、2分01秒台を6回、2分00秒台を3回記録して、0.226秒差の3番手。

フリー走行1で7番手のアンドレア・イアンノーネは、3ラップ目に今季4度目の転倒を喫したが、4度のコースインで15ラップを周回すると、2分01秒台を5回、2分00秒台を1回記録して、0.240秒差の4番手。フリー走行1で今季12度目の転倒を喫した6番手のカル・クラッチロー、フリー走行1で9番手のアレイシ・エスパルガロ、フリー走行1で10番手のアンドレア・ドビツィオーソがトップ7入り。

フリー走行1で4番手のバレンティーノ・ロッシは、4度のコースインで16ラップを周回すると、2分01秒台を6回記録して、午前のラップタイムを更新できずに1.059秒差の8番手。フリー走行1で11番手のダニロ・ペトルッチ、フリー走行1で5番手のスコット・レディングがトップ10入りした。

フリー走行2
フリー走行初日総合

Tags:
MotoGP, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP2, Marc Marquez, Dani Pedrosa, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #MalaysianGP

Other updates you may be interested in ›