初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ:「チャタリングが発生」

ロッシ:「チャタリングが発生」

フリー走行2でラップタイムを更新できなかったのは、チャタリングが原因。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第17戦マレーシアGPの初日に4番時計と8番時計を記録。トップタイムから0.669秒差の初日総合5番手に進出した。

11ポイント差の維持拡大を目指して、週末最初のプラクティスで0.503秒差の4番手だった後、フリー走行2は、4度のコースインで16ラップを周回すると、2分01秒台を6回記録。午前のラップタイムを更新できずに1.059秒差の8番手。

「午前はグッドなペースだった。午後は最後にコースインするまで良い仕事をした。中古タイヤを履いて、ポジションを理解しようとしたけど、チャタリングの問題に見舞われてしまい、ポテンシャルを図ることができなかったから、不運にもその仕事を終えることができなかった。」

「ミディアムタイヤでのレベルを確認するのは、明日の午前まで待ち必要がある。予選に影響があるかを発言するのは早過ぎる。重要なのは、チャタリングがタイヤから来るのか、バイクから来るのか理解することだけど、まだタイヤがあるから、コントロールできている」と、2度目のプラクティスで順位を落とした理由を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #MalaysianGP

Other updates you may be interested in ›