初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ロッシ、マルケスの走りに対して私見を表明

ロッシ、マルケスの走りに対して私見を表明

プレスカンファレンスと話題となったフィリップアイランドにおけるマルケスの走りに対して、ロレンソを支援したことを強調。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは22日、第17戦マレーシアGPのプレスカンファレンス終了後、メディアの取材に対して、話題となった前戦オーストラリアGPの優勝争いで繰り広げられたマルク・マルケスの行為に関して、私見を語った。

マルケスがロレンソをサポートしたと考えているのか?
マルケスが2人に対してバトルをしたのでなく、僕1人だけと闘った。重要なのは、僕が知っていること知ること。これからどうなるか見てみよう。僕はとても心配。ロレンソと闘うけど、マルケスとも闘わなければいけない。全てが非常に難しくなる。正直、マルケスはフェアプレイではない。特に彼は、残り2戦で非常に戦闘的になることができる。

僕にとっては、大きな失望だ。数戦前から分かっていたけど、これほどハッキリやるとは思ってもいなかった。ここでも、バレンシアでも同じようなことをやることは確かだから、失望を感じるし心配だ。

それなら、なぜ、マルケスはロレンソを抜いたのか?
レースではそうなったが、その理由は解らない。マルケスは誰よりも一歩前にいたけど、ロレンソと闘うところで、僕とイアンノーネと一緒に走った。彼は僕がストレートでドゥカティに抜かれることが分かっていた。彼を抜こうとすると、(非常にアグレッシブに)抜き返した。その後に、ホルヘが逃げられるように、ペースを落とした。ホルヘが日曜にあまり強くなかったから、それは上手く行かなかった。そうでなければ、他の形で終わっていただろう。ラスト3ラップでホルヘを捕まえることができたから、常にコントロールしていた。イアンノーネと僕のスピードを落とそうとしていて、そうした。大きな心配事だけど、僕はあまり心配しない。

なぞ、そのように思うのか?
なぜなら、彼はロレンソが勝つことを望むから。僕に対して個人的な理由で怒っている。決して口には出さなかったけど、アルゼンチンで僕が転ばせたと思っている。アッセンのシケインのことをまだ考えている。彼はあのレースで勝つべきだったと思っている。あのときから、怒っている。『僕が勝てないなら、君も勝たない』と、子供のように考えている。このポイントまで来ると、彼としては、ホルヘが勝つことはそれほど悪くないのだろう。

君自身は怒りを感じているのか、それともモチベーションとなるのか?
どうだろう。もし彼が最も速ければ、後方のバトルに関わるために、遅く走ることができる。難しくなるだろう。彼は何も失うものはないけど、僕は失うものがある。注意しよう。申し訳ないけど、僕は怒っている。マルケスが障害になるとは思ってもいなかった。ホルヘとの対決だけになると考えていた。そうでなければいけない。

マルケスは君のことを憧れていた。このようなことが起こるとは思っていたかい?
明白にしなければいけないと思う。本当に僕のことを憧れていたと思うかい?本当に部屋に僕のポスターを貼っていただろうか?僕はそのことが確かではない。時間を過去に戻して、確認したい。性格の問題かもしれない。彼は僕と対決している。可能な限り多くのタイトルを獲得したい。もし、僕がもう一度タイトルを獲得すれば、僕を抜くために、さらに勝たなければいけない。もし、それがホルヘだったら、そうではない。

感情がハッキリしていた分、ビアッジの方が良かったのでは?
本当だ。僕としてはそのようなライバルを望む。僕たちはお互いを倒すために頑固だったけど、少なくても、ハッキリして、正直だった。

全てはラグナセカから始まったのか?
ラグナセカでは、3つ後のコーナーで僕を抜くことができたけど、あの5年前に僕がストーナーにやったようなことをやりたかった。あれが最初の兆候だった。あのとき、そう考えたけど、思いたくはなかった。

Tags:
MotoGP, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, Valentino Rossi, Marc Marquez, Movistar Yamaha MotoGP, Repsol Honda Team, #MalaysianGP

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›