Tickets purchase
VideoPass purchase

マルケス:「テストのベースでスタート」

マルケス:「テストのベースでスタート」

驚速ラップを叩き出したオフィシャルテストから仕様が変更されていることから、トラックに適応する仕事から始めたことを説明。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第17戦マレーシアGPの初日に3番時計と3番時計を記録。トップタイムから0.226秒差の初日総合3番手に進出した。

ベストな形でシーズンを締め括る目的で、昨年優勝したセパン・インターナショナル・サーキットに乗り込むと、フリー走行1は、0.324秒差の3番手。フリー走行2は、3度のコースインで16ラップを周回すると、2分01秒台を6回、2分00秒台を3回記録して、連続の3番手。

「確かに全員がテストを実施したけど、全く違い状態で迎えた。このトラックにセットアップを適応するために働いているけど、テストで使用したベースでスタートして、悪くなかった。トラックのグリップは昨年のように良くないけど、その対策に向けて働き、良くなっていると思う。重要なのは、最も速いペースで走っているホルヘとダニに近いこと。コンマ1秒足りない。彼らに追いついて行けるように、一歩前進したい」と、初日の仕事内容を説明した。

Tags:
MotoGP, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #MalaysianGP

Other updates you may be interested in ›