初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:ザルコが転倒前に最速時計

フリー走行3:ザルコが転倒前に最速時計

王者ザルコが今季4度目の転倒も今季21度目の1番時計で今季3度目の総合1番手に進出。

第17戦マレーシアGPのフリー走行3は24日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、2015年王者のヨハン・ザルコが週末1度目、今季21度目のトップタイムをマーク。第4戦スペインGP以来今季3度目のフリー走行総合1番手に進出した。

初日総合3番手のザルコは、17ラップ目に今季4度目の転倒を喫したが、2分07秒台を5回、2分06秒台を1回記録。サーキットベストラップ(2分06秒962)を更新する2分06秒881の1番時計を刻めば、初日総合5番手のアレックス・リンスは、2分07秒台を6回記録して、0.327秒差の2番手。

今季初めて初日総合1番手に進出したトーマス・ルティは、フリー走行2のタイムを更新できなかったが、2分07秒台を4回記録して、0.624秒差の3番手。

初日総合12番手のルイス・サロンは、0.652秒差の4番手に浮上。初日総合2番手のジョナス・フォルガー、初日総合4番手のサム・ロース、初日総合6番手の中上貴晶、初日総合9番手のミカ・カリオ、初日総合16番手のチャビエル・シメオン、初日総合7番手のサンドロ・コルテセがトップ10入りした。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
Moto2, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP3, Alex Rins, Johann Zarco, Thomas Luthi, Ajo Motorsport, #MalaysianGP

Other updates you may be interested in ›