初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ペドロサ:「注意深く走らないと」

ペドロサ:「注意深く走らないと」

2007年と2008年にポールポジションを獲得したセパンで、7年振りにトップグリッドを獲得。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第17戦マレーシアGPの公式予選で、週末3度目、今季6度目の1番時計を記録。サーキットベストラップを更新して、昨年6月の第7戦カタルーニャGP以来今季1度目、セパン・インターナショナル・サーキットで2008年以来3度目、最高峰クラスで28度目、キャリア通算46度目のポールポジションを奪取した。

初日総合2番手だった後、フリー走行3はトップタイムから0.439秒差の3番手に後退したが、レースシミュレーションとなるフリー走行4では、2度のコースインで13ラップを周回すると、2分01秒台を6回、2分00秒台を3回記録して、1番手に進出。

「チームは素晴らしい仕事をしてくれた。このトラックはタイヤに厳しいから、高い集中力が必要となる。間違えてしまう可能性もあるから、毎周注意深く走らないと。ベストな走りにトライしよう。明日はもしかしたら、今日と同じようなグリップがないかもしれないから、路面状態を確認する必要がある」と、細心の注意を払いことを強調した。

Tags:
MotoGP, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #MalaysianGP

Other updates you may be interested in ›