Tickets purchase
VideoPass purchase

フリー走行3:ケントが今季11度目の総合1番手

フリー走行3:ケントが今季11度目の総合1番手

総合1位のケントがタイトル獲得に向けて、初日総合1番手に続き、フリー走行総合1番手に進出。

第17戦マレーシアGPのフリー走行3は24日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ポイントリーダーのダニー・ケントが今季35回目のトップタイムをマーク。第13戦サンマルノ&リビエラ・ディ・リミニGP以来今季10度目のフリー走行総合1番手に進出した。

今季8度目の初日総合1番手に進出したケントは、2分13秒台を1回、2分12秒台を2回記録。2分12秒731の1番時計を刻めば、初日総合7番手のニッコロ・アントネッリは、2分13秒台を2回、2分12秒台を1回記録して、0.114秒差の2番手に浮上。

初日総合2番手のミゲール・オリベイラは、2分13秒台を2回、2分12秒台を1回記録して、0.226秒差の3番手。

初日総合10番手のヤコブ・コーンフィールは、0.492秒差の4番手。初日総合6番手のブラッド・ビンダー、初日総合3番手のロマーノ・フェナティ、初日総合5番手のエフレン・バスケス、初日総合4番手のホルヘ・ナバーロ、初日総合15番手のフランセスコ・バグナイア、初日総合28番手のステファノ・マンジがトップ10入り。

初日総合19番手のエネア・バスティアニーニは、1.009秒差の14番手。

初日総合8番手の尾野弘樹は、1.461秒差の21番手。初日総合23番手の鈴木竜生は、1.674秒差の22番手だった。

フリー走行3
フリー走行総合

Tags:
Moto3, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, FP3, Niccolò Antonelli, Danny Kent, Miguel Oliveira, Leopard Racing, #MalaysianGP

Other updates you may be interested in ›