初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

公式予選:ペドロサが今季初のポールポジションを奪取

公式予選:ペドロサが今季初のポールポジションを奪取

総合5位のペドロサが昨年のカタルーニャGP以来のトップグリッド。マルケス、ロッシ、ロレンソ、クラッチロー、イアンノーネがトップ6入り。

第17戦マレーシアGPの公式予選は24日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ランク5位ノダニ・ペドロサが週末3度目、今季6度目のトップタイムをマーク。昨年6月の第7戦カタルーニャGP以来、最高峰クラスで28度目、キャリア通算46度目のポールポジションを奪取した。

気温34度、路面温度42度のドライコンディションの中、フリー走行総合3番手のペドロサは、フリー走行4で2分01秒台を6回、2分00秒台を3回記録。2分00秒471の1番時計を刻むと、公式予選2では、サーキットベストラップ(1分59秒791)を更新する1分59秒053の1番時計を刻んだ。

フリー走行総合2番手のマルク・マルケスは、フリー走行4で2分01秒台を2回、2分00秒台を5回記録して、0.322秒差の2番手。公式予選2は、0.409秒差の2番手に入り、10戦連続15度目の1列目進出で、年間の予選最速者を決定するBMW・M・アワーズを3年連続して制した。

フリー走行総合4番手のバレンティーノ・ロッシは、フリー走行4で2分01秒台を7回記録して、0.689秒差の5番手。公式予選2は、0.673秒差の3番手に入り、今季5度目の1列目に進出。

フリー走行総合1番手のホルヘ・ロレンソは、フリー走行4の6ラップ目に今季3度目の転倒を喫したが、2分01秒台を3回記録して、0.651秒差の4番手。公式予選2は、0.684秒差の4番手。

フリー走行総合6番手のカル・クラッチローは、2戦連続の5番手。フリー走行総合8番手のアンドレア・イアンノーネは、フリー走行総合9番手のアンドレア・ドビツィオーソ、フリー走行総合11番手のマーベリック・ビニャーレス、フリー走行総合12番手のブラドリー・スミスが2列目、3列目に進出。

フリー走行総合5番手のエクトル・バルベラは、第3戦アルゼンチンGP以来の公式予選2でオープンオプション勢の最高位となる10番手。フリー走行総合7番手のアレイシ・エスパルガロ、フリー走行総合10番手のポル・エスパルガロが続いた。

公式予選2
公式予選1
フリー走行4
スターティンググリッド

Tags:
MotoGP, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, Q2, Marc Marquez, Valentino Rossi, Dani Pedrosa, Repsol Honda Team, #MalaysianGP

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
牽制し合う両雄

1 year ago

牽制し合う両雄