初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

ケント、トップ5でチャンピオン

ケント、トップ5でチャンピオン

レジェンドライダー、バリー・シーン以来となる英国人ライダーの王者誕生に王手。

レパード・レーシングのダニー・ケントは、タイトル獲得に王手をかけた前戦オーストラリアGPの決勝レースで今季2度目の転倒リタイア、3度目の0ポイントに終わったが、タイトル争いのライバル、ランク2位のエネア・バスティアニーニが横転したケント車に激突して転倒リタイアを喫したことから、2人のポイント差は、56を維持。

残り2戦、50ポイントの争いとなったことから、バスティアニーニが逆転する可能性が消滅したが、ランク3位のミゲール・オリベイラが今季4勝目を挙げて、40ポイント差に接近したことから、タイトル争いの対象に浮上。

ポイントリーダーのケントは、オリベイラの結果に関係なく、トップ5以内に進出して、11ポイント以上を稼げば、英国人ライダーとして、1977年に500ccクラスを制覇したレジェンドライダー、バリー・シーン以来となるチャンピオンに輝く。

タイトルを獲得する条件~25ポイント差以上のアドバンテージ
・ ケントが5位以内でゴールした場合
・ ケントが11位(249ポイント)以内で、オリベイラが優勝を逃した場合(2位で224ポイントに到達しても、合計の優勝数が考慮される)
・ ケントが15位(245ポイント)以内で、オリベイラが3位(220ポイント)以下の場合
・ ケントが0ポイントで、オリベイラが4位(217ポイント)以下の場合

Tags:
Moto3, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, Danny Kent, Leopard Racing, #MalaysianGP, #KentTitleChance

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
予定通りに開催

2 years ago

予定通りに開催