初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

マルク・マルケスの見解

マルク・マルケスの見解

レースディレクションの公聴会に出席した後、接触転倒を振り返った。

レプソル・ホンダのマルク・マルケスは、第17戦マレーシアGPの決勝レースで、3位争い中の7ラップ目にバレンティーノ・ロッシと接触した際に転倒リタイア。レースディレクションの公聴会に出席した後、メディアスクラムに姿を見せ、次のように説明した。

転んだ瞬間、何を考えたか?
最初に考えたのは、バイクを起こして、レースを続けること。ラスト2戦の目標は、完走して可能であれば表彰台を獲得することだったけど、フットペグが破損していたから、ボックスに戻った。彼はレースを続けた。

転ばすことを考えた意図的な行為だったと思うか?
僕はバイクの上でそのようなことを考えることができない。蹴りが見えた。2度振り返って、僕の位置を完璧に把握し、蹴りを入れた。映像でハッキリと見える。

大きな危険性がある行為だった。
このスポーツは生命を賭ける。リスクがある。レースアクシデント、接触など最終的には理解できることけど、レース中に蹴りを入れる行為が頭に浮かばない。サッカーならレッドカード。ここでは3ポイントのペナルティだ。

ロッシに対するペナルティは相応しいだろうか?
これ以上関わりたくない。レースディレクションの決定に条件を訴えたくない。彼らは多くのレースを観ているけど、このようなアクションは一度も観たことがないかもしれないし、僅かな回数かもしれない。最終的に決定を下すのは彼ら。

ロッシは何を言われたのか?
あまりナイスなことではなかった。言われたことをできれば言いたくない。

カレル・ハニカは他者に蹴りを入れたことを認めて、5ポイントのペナルティを科せられたけど、ロッシは認めなかった。
当然そのことを認めないけど、ビデオがある。幸運にも何も逃さない。2度振り返ったことも、蹴りを入れたことも見逃さなかった。僕としては、アグレッシブ。バレンシアで最後尾がスタートするけど、3ラップで4番手に進出できる。

ロレンソは、ロッシがチャンピオンになれば、正当なタイトル獲得者ではない、と発言した。
今年の活躍はチャンピオンに相応しい。そのことは明白だけど、このアクションの後では相応しくない。

ボックスに戻ったとき、レースを録画するように頼んだ。ハッキリ見た。蹴りが入り、不運にもフロントグレーキがブロックして、転んでしまった。体調は大丈夫。低速だったけど、転んでしまった。

ここから何が変わるだろうか?
僕の考え方は同じ。モーターサイクルを愛する。バレンシアに臨む考え方も同じだけど、バレンティーノとの関係は少し変わるだろう。

ホンダはさらに厳しい制裁を適応するようにレースディレクションに働きかけるべきだったと思うか?
ホンダは正しいプロセスを行い、自分のライダーが転ばされたから、レースディレクションにクレームした。僕にペナルティが科せられなかったから、これ以上要求することはできない。

ものごとを好転させるために、ロッシと話し合いをするつもりか?
彼はプロフェショナル。過去のことにするだろうけど、時間がかかるだろう。僕はバレンシアで自分のレースがしたい。シーズンを終わらせ、タイトル争いに向けて、来シーズンの準備は始めたい。

Tags:
MotoGP, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, RAC, Marc Marquez, Repsol Honda Team, #SepangClash, #MalaysianGP

Other updates you may be interested in ›