初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

決勝レース:ペドロサが今季2勝目

決勝レース:ペドロサが今季2勝目

総合5位のペドロサが日本GPに続いて2勝目。ロレンソが2位、ロッシが3位。マルケスが転倒リタイアを喫した。

第17戦マレーシアGPの決勝レースは25日、セパン・インターナショナル・サーキットで行われ、ランク5位のダニ・ペドロサが優勝。第15戦日本GPに続き今季2勝目、最高峰クラスで28勝目、当地で5勝目、キャリア通算51勝目を挙げた。

気温35度、路面温度47度のドライコンディションの中、ポールポジションのペドロサは、ホールショットを決め、レースの主導権を握り、単独走行でチェッカーを受ければ、4番グリッドのホルヘ・ロレンソは、3.612秒差の2位に入り、4戦連続11度目の表彰台を獲得。

3番グリッドのバレンティーノ・ロッシは、13.1724秒差の3位に入り、今季15度目の表彰台を獲得。

9番グリッドのブラドリー・スミスは、4位に進出。5番グリッドのカル・クラッチロー、13番グリッドのダニロ・ペトルッチ、11番グリッドのアレイシ・エスパルガロ、8番グリッドのマーベリック・ビニャーレス、12番グリッドのポル・エスパルガロ、14番グリッドのステファン・ブラドルがトップ10入り。

ウォームアップ走行でエスパルガロ弟と接触した10番グリッドのエクトル・バルベラは、レースディレクションから1ポイントのペナルティを科せられ、通算4ポイントに達したことから、最後尾の25番グリッドからスタートして、オープンオプションの最高位となる13位に進出。

ウォームアップ走行で週末1度目の1番時計を刻んだ2番グリッドのマルク・マルケスは、3位争い中の7ラップ目に転倒。7番グリッドのアンドレア・ドビツィオーソは、4番手走行中の11ラップ目に転倒。6番グリッドのアンドレア・イアンノーネは、テクニカルトラブルで2ラップ目にリタイアを強いられた。

チャンピオンシップは、ポイントリーダーのロッシに対して、ランク2位のロレンソが、11ポイント差から7ポイント差に接近。

次戦バレンシアGPは、リカルド・トルモ・サーキットで6日に開幕、8日に決勝レースが行われる。

決勝レース
ワールドスタンディング
ライダーズパフォーマンス

Tags:
MotoGP, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, RAC, Jorge Lorenzo, Dani Pedrosa, Valentino Rossi, Repsol Honda Team, #MalaysianGP

Follow the story ›

Other updates you may be interested in ›