初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

バレンティーノ・ロッシの見解

バレンティーノ・ロッシの見解

マルケスの接触転倒と最後尾からスタートすることになったペナルティに関して、メディアスクラムで私見を説明。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、レースディレクションの公聴会に出席し、3ポイントのペナルティを科せられた後、メディアスクラムに姿を見せ、次のように説明した。

マルク・マルケスは、蹴りを入れられたと発言した。
そうではない。マルケスは、それが本当のことではないと分かっている。特にヘリコプターからの映像で明白に確認できる。僕は転んで欲しくなかった。タイムロスをさせたかっただけ。走行ラインを外して欲しかった。オーストラリアの時よりも酷かった。彼はダティーなゲームをしたね?僕はワイド、ワイドに行き、減速して、ほとんど止まりそうだった。彼を見て、『フxxク、何やってんだ?』と言った。

その後に僕たちは接触。彼のハンドルが僕の左脚に接触して、フットペグから足が外れてしまった。ヘリコプターの映像を見れば、それがハッキリする。フットペグから足が外れたときには、彼は既に転んでいた。蹴りを入れようとしていない。それに、MotoGPマシンに蹴りを入れたところで、倒れない。非常に重いから。だけど、不運にも僕たちは接触した。彼は旋回しようとし、僕はワイドに行った。彼のハンドルが左脚に感じ、フッチペグから足が外れた。それが起こったことだ。

ペナルティに関しては?
正当ではない。これでは、マルケスが闘いに勝ったようだ!僕がチャンピオンシップを失うことだから、彼の計画はそれでOK。特にペナルティは良くない。僕は意図的に彼の転ばせたくなかった。彼の行動に反応しただけ。蹴りを入れていない。転んで欲しくなかった。

僕にとって不正なこと。ホルヘとタイトルを争いたいだけ。ベターな方が勝つ。これで、そのことが起こらなくなってしまう。

後悔していることは?
分からない。転んで欲しくなかったけど、何かしなければいけなかった。あの瞬間、ホルヘは行ってしまったけど、僕は全てを言った。

チャンピオンシップは終わってしまったか?
終わっていないけど、この裁定で僕の足が切られ、マルケスが勝った。

Tags:
MotoGP, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, RAC, Valentino Rossi, Marc Marquez, Movistar Yamaha MotoGP, Repsol Honda Team, #MalaysianGP, #SepangClash

Other updates you may be interested in ›