初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FIMの制裁通知

FIMの制裁通知

FIM国際モーターサイクリズム連盟は、レースディレクションがバレンティーノ・ロッシに対する制裁を次にように通知。

2015年10月25日。マレーシアGPのMotoGP™クラス決勝レース中に、バレンティーノ・ロッシが他のライダーを強制的に走行ラインの外に追い出す目的で、14コーナーにおいて、意図的にワイドに走行し、その結果、他のライダーの転倒を引き起こす接触をもたらしました。

これは、他のライダーの危険を引き起こす無責任な走行であると考え、従って、FIMロードレーシング世界選手権グランプリ規則の条文1条21項2号に違反します。

バレンティーノ・ロッシは、レースディレクションから公聴会に出席することを要求されました。関連する2人のライダーは、各々の証言を与えるために公聴会に出席し、ビデオの証拠を検証しました。

上記の動機について、レースディレクションは、FIMロードレーシング世界選手権グランプリ規律と裁定に関する規定の条文3条2項1号により、3つのペナルティポイントの追加を科すことを決定しました。

バレンティーノ・ロッシは、レースディレクションの決定に対して、FIMスチュワードに控訴を提出しました。彼はFIMスチュワードから別の公聴会に出席することが要求されました。

FIMスチュワードは、レースディレクションによって科せられた先のペナルティを満場一致で確認しました。

FIMロードレーシング世界選手権グランプリ規則の条文3条4項2号2号により、FIMスチュワードがレースディレクションの先の決定を確認するとき、更なる控訴を提出することはできません。

ライダーは既に1つのペナルティポイントを所有していることから、蓄積される制裁は4つのペルナティポイントとなり、グリッドの後方から次のレースをスタートすることになります。従って、バレンティーノ・ロッシは、バレンシアGPの決勝レースを最後尾のグリッドからスタートすることになります。

Tags:
MotoGP, 2015, SHELL MALAYSIA MOTORCYCLE GRAND PRIX, RAC, Valentino Rossi, Movistar Yamaha MotoGP, #MalaysianGP, #SepangClash

Other updates you may be interested in ›