初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

デ・アンジェリス、感激の帰宅

デ・アンジェリス、感激の帰宅

第15戦日本GPのフリー走行4で転倒を喫した後、入院生活が続いていたが、退院して自宅に帰宅。

E-エモーション・イオダレーシングのアレックス・デ・アンジェリスは28日、26日から入院していたサンマリノ国内の国立病院から順調に回復していることから退院の許可が下り、久々に帰宅。45日間のコルセット着用が義務付けられるが、完治に向けて、必要な物理療法を続けて行く。

「帰宅できて、とても嬉しい。とてもポジティブな兆候だ。早くトレーニングを始めたい。医師団から止められているけど、完治に向けて、この冬に充分な時間がある。来季を目指して、体調と準備を整えよう。」

「僕のために日本とサンマリノで治療と看護をしてくれた医師団とクリニカ・モバイルに、もう一度感謝したい。離れていたところから、まるで僕のそばにいるように励ましてくれた友人たちやファンにも感謝したい」と、自宅かメッセージを送った。

Tags:
MotoGP, 2015, Alex de Angelis, E-Motion IodaRacing Team, #GetWellSoonAlex

Other updates you may be interested in ›

motogp.com
After the Flag: エピソード13

1 year ago

After the Flag: エピソード13