初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

FIM・CEV・レプソル:カネトがタイトル獲得に前進

FIM・CEV・レプソル:カネトがタイトル獲得に前進

来季世界舞台への進出が発表された総合2位のミル、総合3位ブレガを抑え、総合1位のカネトが存在感をアピールする今季4勝目。

FIM国際モーターサイクリズム連盟の傘下大会、『FIM・CEV・レプソル』の第6戦ナバラ大会は週末、フランスとアラゴン州、バスク州に囲まれたナバラ州に位置するナバラ・サーキットで行われ、Moto3™クラスでアロン・カネト(スペイン/15歳)、Moto2™クラスでチャビ・ビエルゲ(スペイン/18歳)とエドガル・ポンス(スペイン/20歳)が優勝を挙げた。

Moto3™クラス、Moto3™ジュニア世界選手権は、10ヶ国:スペイン(8名)、イタリア(7名)、日本(3)、マレーシア(2)、ベルギー(2)、オランダ(1)、ドイツ(1)、フランス(1)、イギリス(1)、オーストラリア(1)から27名がエントリー。

2戦連続3度目のポールポジションを獲得したカネトは、4番グリッドから追い上げて来たニッコロ・ブレガ(イタリア/15歳)を0.460秒差で抑えて4勝目。3番グリッドのジョアン・ミルは、3位表彰台を獲得。

日本勢は、7番グリッドの山田誓己(21歳)が9位、15番グリッドの伊達悠太(15歳)は15位、19番グリッドの鳥羽海渡(15歳)は19位。

今季3度目の2レースが実施されたMoto2™クラス、Moto2™欧州選手権(スーパーストック600クラスと併催)は、15ヶ国:スペイン(10)、スウェーデン(3)、イタリア(3)、フランス (2)、イギリス(2)、ドイツ(1)、オーストリア(1)、オーストラリア(1)、ノルウェー(1)、アンドラ(1)、南アフリカ(1)、ブラジル (1)、アルゼンチン(1)、日本(1)、マレーシア(1)から30名がエントリー。

第1レースは、5番グリッドのビエルゲが今季3勝目。初めてポールポジションを獲得したアラン・ティチャー(フランス/20歳)は、2.536秒差で自己最高位の2位を獲得。3番グリッドのエドガル・ポンス(スペイン/20歳)は3位。

第2レースは、ポンスとビエルゲが優勝争いを繰り広げ、ポンスが0.524秒差で今季5勝目。6番グリッドのエリック・グラナド(ブラジル/18歳)が今季2度目の3位に進出。

日本から参戦の長島哲太(23歳)は、8番グリッドから14.830秒差の5位、14.593秒差の7位。

今季3度目の2レースが実施された最高峰クラスのスーパーバイククラス、スーパーバイク欧州選手権は、9ヶ国:スペイン(9)、フランス(3)、フィンランド(3)、カタール(2)、ベネズエラ(1)、アルゼンチン(1)、チリ(1)、 カナダ(1)、ノルウェー(1)、デンマーク(1)から23名が参戦。

第1レースは、4番グリッドのロベルト・ピエトリ(ベネズエラ/30歳)が初優勝。2番グリッドのマクシミリアン・セャイブ(チリ)は自己最高位の2位。今季4度目のポールポジションを獲得したカルメロ・モラーレス(スペイン/36歳)は3位。

第2レースは、モラーレスが今季5勝目。タイトル獲得に大きく前進すれば、3番グリッドのアンドレア・ボナストレ(スペイン/28歳)が2位、ピエトリが3位に進出。

次戦は、ヘレス・サーキットで開催。1ヶ月後の11月1日にMoto3™クラス(2レース)、Moto2™クラス、スーパーバイククラス(2レース)の決勝レースが行われる。

Tags:
FIM CEV Repsol, 2015

Other updates you may be interested in ›