初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

KTM、プロトタイプマシンをシェイクダウン

KTM、プロトタイプマシンをシェイクダウン

2017年の最高峰クラス参戦に向け、レッドブル・リンクでRC16の初走行を実施。

KTMのファクトリーチーム、レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシング・チームは、2017年からの最高峰クラス参戦を目指して、29日から3日間、2016年から開催日程に復帰したオーストリアのレッドブル・リンクで開発中のプロトタイプマシン、RC16をシェイクダウン。テストライダーのアレックス・ホフマンが担当した。

モータースポーツディレクターのピット・バイラーは、「木曜は私だけでなく、会社にとって、そして、オーストリアと世界中のKTMファンにとって、大変感動的な1日となりました。今回のようなトラックにおけるプロジェクトのスタートは、どのようなラップタイムよりも重要です。素晴らしい仕事をしてくれたアレックスと全てのチームに感謝します。収集した情報と多くの周回を重ねながら何も問題が発生しなかった結果は、2017年のスターティンググリッドという長い道を進んで行く上で、大きなモチベーションを与えてくれます」と初テストの感想を語った。

KTMは、テストライダーとして契約を結んだばかりのミカ・カリオを召集して、年内に2度目のテストを計画している。

Tags:
MotoGP, 2015

Other updates you may be interested in ›