初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

モビスター・ヤマハ・MotoGPの公式声明

モビスター・ヤマハ・MotoGPの公式声明

レプソルメディアサービスとHRCのプレスリリースで使用した言葉に対して、意見の相違を発表。

モビスター・ヤマハ・MotoGPは3日、HRCが発表した第17戦マレーシアGPに関するプレスリリースに対して不同意であることを、プレスリリースを通じて発表した。

我々は、レプソルメディアサービスが2015年10月25日に配信した「ペドロサが優勝、マルケスがロッシのスポーツマンらしくないキックの後に転倒」と題したプレスリリース及びホンダ・レーシング・コーポレーションが2015年11月2日に配信した「HRC取締役副社長中本修平の質問と回答」と題したプレスリリースを参照します。

ヤマハは、バレンティーノ・ロッシとマルク・マルケスの間で発生したインシデントに関する報告で使用された言葉に意見の相違を表現したいです。

両方のプレスリリースは、レースディレクションの調査によって証明されていないマルク・マルケス車に対するバレンティーノ・ロッシの蹴りを非難する言葉が含まれています。

従って、我々はレースディレクションの所見と一致していない発表された声明に使用した言葉を拒否します。/p>

ヤマハは、この不幸な出来事に関して、さらなる考察に介入することを願わず、2015年シーズンを可能な限り最善の形で締め括ることを願います。

我々は、モーターサイクルレーシングのトップカテゴリーに相応しい模範的なスポーツマンらしいマナーで、全てのライダーたちとチームが記憶に残るファイナルレースとなることを望み、勝利に向けて全力を尽くす明白な意図を持ってバレンシアに行きます。

Tags:
MotoGP, 2015

Other updates you may be interested in ›