初めてのアクセスですか?登録

Tickets purchase
VideoPass purchase

MotoGP™クラスプレビュー

MotoGP™クラスプレビュー

緊迫の最終戦決着に挑むロッシとロレンソ。優勝を狙うマルケス、ペドロサ、イアンオーネ、ドビツィオーソ。オープンオプションのバルベラ対バス。ラストレースとなるヘイデン。

最終戦バレンシアGPは、リカルド・トルモ・サーキットで今週末の6日に開幕、8日に決勝レースが行われ、ポイントリーダーのバレンティーノ・ロッシが7ポイント差のアドバンテージを持って、2009年以来6年振り、最高峰クラスで8度目、キャリア通算10度目のタイトル獲得に挑戦する。

当大会が初めて開催されたのは、1999年。3年間、9月に開催されていたが、2002年から最終戦の舞台に指名され、今年は数週間前に観戦券が完売。

開幕戦カタールGPから前戦マレーシアGPまで、17戦連続して前年度の入場者数を更新したことから、総入場者数が250万人を突破。最終戦を待たずに、過去最高となった昨年の総入場者数、247万3624人を更新した。

前戦で今季15度目の表彰台を獲得したロッシは、累積ペナルティが4ポイントに到達したことから、公式予選の結果に関係なく、最後尾からスタート。当地では、昨年4年振りに8度目の表彰台を獲得。優勝は2003年と2004年。6連覇を狙った2006年は、8ポイント差のアドバンテージを持って、ポールポジションからスタートしたが、7番手走行中の5ラップ目に転倒を喫して最後尾に後退。13位でフィニッシュして、5ポイント差でタイトルを逃していた。

4戦連続11度目の表彰台を獲得したランク2位のホルヘ・ロレンソは、マシン交換が裏目に出て、リタイアを決断したが、2010年と2013年に優勝。2012年以来3年振り、最高峰クラスで3度目、キャリア通算5度目のタイトル獲得を目指して、今季7勝目を目指す。

ランク3位が確定したマルク・マルケスは、来季を視野に入れ、少しでも良い形でシーズンを締め括る目的で、2年連続の優勝、今季6勝目を狙う。

ランク4位に浮上したダニ・ペドロサは、優勝を挙げた第15戦日本GPと前戦マレーシアGPの勢いに乗って、4年連続7度目の表彰台、2007年、2009年、2012年以来となる4勝目を狙う。

前戦でリタイアを強いられたランク5位のアンドレア・イアンノーネとランク7位のアンドレア・ドビツィオーソは、ワイルドカードとして参戦するミケーレ・ピロのサポートを受け、今季初優勝、今季3度目と6度目の表彰台獲得を目指す。

今季復帰したスズキとアプリリアは、成績が要求される来季に向け、ランク11位のアレイシ・エスパルガロ、ランク12位のマーベリック・ビニャーレス、ランク16位のアルバロ・バウティスタ、ランク18位のステファン・ブラドルが、シングルフィニッシュ、ポイント圏内の進出で開発シーズンを締め括りたいところ。

オープンオプションは、ランク15位のエクトル・バルベラが、ランク17位のロリス・バスに5ポイント差のアドバンテージを持って、ホームレースでタイトル獲得に挑戦。

ランク20位のニッキー・ヘイデンは、2006年にタイトルを獲得した思い出の舞台で、MotoGP™クラスのラストレースに挑戦する。

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO MOTUL DE LA COMUNITAT VALENCIANA, Valentino Rossi, Jorge Lorenzo, Movistar Yamaha MotoGP, #ValenciaGP , #TheGrandFinale

Other updates you may be interested in ›