Tickets purchase
VideoPass purchase

パーマネントビューローがMotoGP™ライダーたちとミーティング

パーマネントビューローがMotoGP™ライダーたちとミーティング

FIM代表とドルナの代表が、最終戦を前に、MotoGP™ライダーを召集。

MotoGP™世界選手権のパーマネントビューローを構成するFIM国際モーターサイクリズム連盟の会長ビト・イッポリトとドルナスポーツの最高経営責任者カルメロ・エスペレータは5日、最終戦バレンシアGPの開催地、リカルド・トルモ・サーキットのプレスカンファレンスルームで、最高峰クラスに参戦するMotoGP™ライダーたちとチームの代表者たちを召集。前戦マレーシアGPの出来事と翌週に発生した例外的な状況を考慮したミーティングを行い、次の声明を発表した。

「第一に、スポーツを優先しなければいけません。今週末の日曜は、今年最後の決勝レースであり、スポーツが勝たなければいけません。」

「我々は今年MotoGP™ライダーたちが与えてくれた壮大なレースに誇りを持ちます。彼らは世界中に我々のチャンピオンシップへの関心を促進し続けます。我々はそのことに感謝します。」

「ここ数日間、残念ながら、健全な情熱、時には理論そのものを超える幾つかの論争がありました。MotoGP™ライダーたちは世界中に数百万のファンを持ち、トラック上での実績に尊敬します。そして、彼らの発言に耳を傾けます。」

「言動と行動が、我々のスポーツな崇高な価値観と調和していないことがあります。」

「パーマネントビューローとして、全ての関係者の合意により、競技規定が作成された世界で唯一のスポーツ団体であることを思い出したいです。FIM、ドルナ、MSMA、IRTAの代表者たちで構成されたグランプリコミッションがその役割を果たします。競技規定は改善されることが分かっています。全ての関係者の同意を得て、常に改善することができます。その上、セーフティコミッションを設立しました。ライダーたちは、安全面に関して競技規則を検討します。この意味では、モータースポーツにおいて千駆者です。」

「我々は、このグレートなチャンピオンシップをさらに良くするため、意見に耳を傾ける目的で、扉を開け続ける方針を追求しましょう。我々は、来年、再発防止に向けて幾つかの変更を行うことを強調したいです。」

「我々は、スポーツの価値である模範、フィアプレー、スポーツマンシップ、礼儀を思い出したいです。我々当局は、1人1人の行為とフェアプレーに観察、警戒し、競技規則の侵害に対して非常に厳格になります。」

「我々はプロフェショナルなレベルでスポーツを実践し、運営することを忘れてはいけません。エンターテイメントと言うだけでなく、ショーケースの価値があると信じています。決勝レースは生中継され、非常に大きな視聴者数が観戦します。従って、世界中に我々のスポーツの最高に高い価値を証明する絶好な機会です。今週末は、スポーツの利益のために、トラックにおいて、何が起こるのかをより注意を払います。」

「全てに感謝します。グッドなレースになることを期待します。」

Tags:
MotoGP, 2015, GRAN PREMIO MOTUL DE LA COMUNITAT VALENCIANA

Other updates you may be interested in ›